ハイブ(HYBE)がグループ防弾少年団(BTS)の入隊問題に関連して口を開いた。

パク・ジウォンCEOはこの日ハイブ・レーベルズ代表アーティストである防弾少年団の下半期計画を明らかにした。

パクCEOは、「今後の継続的な成長のためにチーム活動と個人活動を並行して活動の幅を広げていくと話したことがある」と幸運になった。

個人活動初のランナーで、Jホップが最近発売したソロアルバム「Jack In The Box」で「本人が志向する音楽的結果物を見せた」と話した。一方、「他のメンバーもそれぞれの音楽的価値観を見せる準備ができている」と発表した。 「チーム活動と個人活動が調和して進行する計画」と付け加えた。これが続いた。これにイ・ギョンジュンCFOは「まだ入隊時期や方式に関しては決まったことがない」と話し合いを開いた。開かれる釜山グローバルコンサートがある”とし”それ以外の個人、団体活動については入隊時期と方式が決定次第再決定して知らせるようにする”と明らかにした。委員会全体会議で利己式兵務庁長は防弾少年団の兵役特例について「大衆文化芸術人をまた追加することは全体的な兵役特例に対する枠組みを破ることができるため慎重に検討している」という立場を明らかにしたことがある。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!