w540″>

(輸出ニュースチョ・ヘジン記者)グループパープルキスが’テーマドル’修飾語固めに成功した。

パープルキスは先月25日、第4ミニアルバム「Geekyland(ギキランド)」を発表し、タイトル曲「Nerdy(ナルディ)」で活発な活動を繰り広げている。

特に今回の活動を通じて披露している’パーキ魔女’のユニークなビジュアルとパフォーマンスにKポップファンの好評があふれている状況。パープルキスはゾンビに続いて魔女まで、独特のテーマに仕上げたアルバムを通じて着実に積み重ねてきた「テーマドル」修飾語固めることに成功した。

パープルは今回のアルバムでオタクたちのスポークスマンになって世の中から出てきた’パーキ魔女’コンセプトを披露した。人々に傷を受けたり、周期も嫌で一緒に隠れて過ごすことを選んだ七人の「パーキ魔女」が他人と違うという理由で傷ついたナードの存在を知ることになり、これらを代弁して世の中から唐辛子に出ることを決心する。

タイトル曲「Nerdy」は、このような「パーキー魔女」の世界観を最もよく表現した曲だ。 「誰が何と言っても誰よりも私を愛し、私らしく生きる」というオタクたちの堂々としたメッセージをパープルキスならではのスタイルで描き出した。演技で21世紀の新概念「魔女」世界観を積立していきながら、全売特許であるパワフルなパフォーマンスで強烈な存在感を発散した。

‘パーキ魔女’世界観は去る3月発表したミニ3集’memeM’で始まり今回の新報’Geekyland’で花咲いた。ミニ3集のタイトル曲「memeM」、後続曲「Pretty Psycho」で人々の頭の中に入るのを楽しむ狂気の若い魔女モーメントを表現したら、「Nerdy」では一層成長したパーキ魔女たちが世界に向けて自分たちの声を出し始める

‘memeM’から始まり、’Geekyland’につながったパーキー魔女叙事がパープルキスだけの確実なアイデンティティを表わし、名不虚伝’テーマドル’の真価を確実に発揮した。

毎回枠を破る新しい挑戦と完璧なコンセプト消化力は、パープルキスの音楽的スペクトルを拡張させ、「成長型ガールグループ」であることを立証した。毎アルバムテーマのある音楽とコンセプトで自分たちだけの叙事詩を築いてきたパープルキスの今後がさらに期待される。固めることに成功した。パープルキス(パク・ジウン、名護銀、都市、イレ、ユキ、チェイン、スアン)は先月25日に第4ミニアルバムGeekyland(ギキランド)を発表し、タイトル曲Nerdy

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!