[서울=뉴시스] 하이브 로고 。 2022.07.12. (写真=ハイブ提供) [email protected] )が今年第2四半期に歴代最大実績を達成した。ハイブは今年第2四半期5122億ウォンの売上高に883億ウォンの営業利益(K-IFRS連結基準、外部監査人の検討完了前の仮決算数値)を記録したと3日明らかにした。

売上高は前年同期より83.8%、営業利益は215.3%増加した。売上高と営業利益ともに四半期基準史上最大値だ。同期間の当期純利益は930億ウォンで、前年同期比359.3%増加した。これをベースにしたアドジャステッドEBITDA利益率は21%で、現金創出能力も持続的に右上がっていることが分かったとハイブは伝えた。

第2四半期には、アーティスト直接参加型売上の成果が目立った。

第2四半期の業績を牽引した直接参加型売上高は3259億ウォンで、全体の売上の約64%だ。第2四半期の直接参加型売上高は、Hive Labelsアーティストたちのアルバム発売と公演が続いて行われ、前四半期比2倍以上増えた。第2四半期に防弾少年団とセブンティーンをはじめ、トゥモローバイ・トゥゲザー、ルセラフィム、プロミスナインなどハイブ・ラベルズ所属グループのアルバムが注がれた。特に防弾少年団に続き、マルチレーベル体制の下で成長したセブンティーンとトゥモローバイツーゲーダーともにシングルアルバム100万枚以上の販売量を記録した。第3四半期に含まれる先月アルバムを出したエンハイフンも100万枚以上のアルバムを販売した。

Vライブとの統合で「ウィーバースライブ」を披露したウィーバースに対する青写真も提示された。ウィーバースはベニューライブで行われてきたオンラインストリーミングサービスを内在化し、防弾少年団のメンバージェイホップのローラパルージャ公演ライブストリーミングを実施した。また、ハイブは社外取締役制度を活用した牽制と監視機能が円滑に動作できる環境を設け、理事会内にESG委員会を設置し、中長期的な観点から環境及び社会的価値を高めるという計画も

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!