[日刊スポーツキムダウン]
写真=アドア提供’Aten 「ハイプボーイ」(Hype Boy)は2日連続韓国スポーティファイ「日刊トップソング」チャート1、2位を守り、「クッキー」(Cookie)は去る2日チャートで3位、「ハルト」(Hurt)は5位に名前を上げた。また「ニュージンス」はこの日午前8時基準、フィンランド、ロシア、インドネシア、タイなど9カ国、地域のiTunesトップアルバムチャート1位を獲得した。

ニュージンスは国内音源チャートでも存在感を震わせている。トリプルタイトル曲「アテンション」、「ハイフボーイ」、「クッキー」は公開後わずか6時間の成績だけでメロン日刊チャートに入成した。これは最近3年間出てきたガールズグループデビュー曲の中で最短期間のチャートである新記録だ。特に「アテンション」は発売当日午後7時、メロンリアルタイムチャートに20位に入った。

「アテンション」は去る2日、メロン日間チャートで前日比8階段上昇した16位、「ハイプボーイ」は13階段上がった38位に位置した。 2曲はバックス日刊チャートで2日連続1、2位を占め、2日ジニー日刊チャートでは4位と38位を記録した。

YouTubeでは、ニュージンスが披露した8編のミュージックビデオが強気を見せる。去る3日、韓国ユーチューブ人気急上昇動画「トップ10」の中にニュージンスのミュージックビデオが5つランクされており、オーディオコンテンツまで合わせれば10位圏映像のうち8つがニュージンス関連コンテンツだ。 「アテンション」本編のミュージックビデオは3日午後8時30分頃、YouTubeの視聴数1000万回を突破し、パフォーマンスミュージックビデオも4日午前8時現在、約600万回の視聴数を達成した。

グループニュージースソウル城水洞で行われたビューティブランドシャネルのポップアップストアフォトコールイベントに参加してポーズを取っている。キム・ミンギュ記者 [email protected]/2022.08.02/そういえばニュージンスは去る2日ソウル城水洞で行われた’シャネルN°1 DE CHANEL GARDEN’オープン記念行事にゲストとして姿を現わして初の公式スケジュールを消化した。

この日ニュージンスはシャネルの様々なアイテムをマッチしたワイトゥケイ(Y2K)ルックを披露し、フォトコールに臨んだ。最初の公式石像であるにもかかわらず、彼らは緊張した気配のない堂々としたポーズで視線を圧倒した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!