、写真提供=YGエンターテインメントブラックピンクとアイブはK-POPを代表するガールズグループだ。ヒップで洗練された音楽が特徴の二つのグループは、強いパフォーマンスまで駆使し、国内外で多くの愛を受けている。そんな二人のチームが同じ時期にカムバックのニュースを伝えた。国内はもちろん、グローバルファンたちさえも色々と作った問題だ。みんなが喉に待っていたブラックピンクの2年ぶりのカムバックと染まってくるときに強く煮るアイブの4ヶ月ぶりの高速カムバック。待ち時間が長くても短くても、2つのグループに向けたK-POPファンの期待感は最高だ。自意識強い歌でチャプターを続けてきた二つのグループだけに、今回はまたどんな濃厚な歌でファンの期待を満たすか期待が集まる。

‘と自言したYGの自信

カムバックを公式化したブラックピンクはロードマップをオープンし、単純なアルバム発売レベルではなく大規模プロジェクトを公開した。今月の先行公開を皮切りに、9月に正規アルバムを発売し、10月にワールドツアーに出るという計画だ。プロジェクト名は「BORN PINK(バーンピンク)」だ。決して平凡ではない、致命的なオーラを誇るブラックピンク固有のアイデンティティが暗示されたことを推測する。 。 BLACKPINKの完全体カムバックは約1年10ヶ月ぶりのうえ、YGエンターテイメント歴代最高の製作費が投入して2つのミュージックビデオを制作するというニュースが伝わり、さらに期待感が湧いた状況だ。 2年余りの空白もハトゥル送ったのではなく、ジェニー、ロゼ、リサのソロアルバムを発表し、メンバーごとに競争力を備えるようにした。指数も演技者活動をしたし、メンバーたちは各自の領域でブラックピンクというネーミングを堅固に固めた。最多新記録を作成してきた。全世界の男女アーティストを統一してYouTubeの購読者数1位を誇る彼らの影響力は強い。プロジェクトトレーラー映像が公開1日で1000万ビューを超えてYouTubeワールドワイドトレンディングビデオ1位まで上がったほどだ。このトレーラーは象徴的なメタフォーと夢幻的でありながら強烈なビートの間のつながりで、すでにファンの多様な解釈が注がれている。ミュージックビデオなどのメジャー映像ではないにもかかわらず、リアクション映像が大挙派生する真の風景が広がった状況。 YG側も「「歴代級」という修飾語がまったくぎこちない大型プロジェクトになるだろう」と耳を傾けた中で、これらのカムバックにさらに期待が集まる。

.pstatic.net/image/465/2022/08/04/0000005834_002_20220804172001892.jpg?type=w540″>

アイブ、’イレブン’-‘ラブダイブ’3連打狙う

アイブは来る22日3回目のシングル’アフターライク(After Like)’を発売して4ヶ月ぶりにカムバックする。昨年の年末デビュー後、3回目の活動であり、初夏のカムバックだ。会津原出身のアン・ユジン、チャン・ウォンヨンが属するアイブは、デビューと同時に’MZ世代ワーナービーアイコン’として浮上し、4世代代表アイドルとして急速に位置づけた。新人たちの儀礼的な成長型叙事詩ではなく、完成型アイドルのプロフェッショナルさを掲げたのがK-POPファンのニーズをきちんとヒットした。ここにZ世代の自信を伴った堂々としたナルシシズムに近い陶酔的な音楽の香りで自分たちだけのアイデンティティを完成した。しかし、昨年12月に発売したデビューシングル「イレブン(ELEVEN)」で音楽放送13冠王を占め、「ラブダイブ」(LOVE DIVE)では10冠王に上がった。 4ヶ月ぶりに発表する新報にグローバル注目が集中したのは当然のこと。’アフターライク’の公開された情報は純正漫画のようなビジュアルを誇ったコンセプトフォトだけで、写真だけでも新曲に対するファンの期待感を最高潮に引き上げた。特にメンバーアン・ユジンがナ・ヨンソクPDのtvN「뿅뿅地球娯楽室」に出演し、大衆の関心も存分に撮影された状況だ。大衆の関心が相当になった’水入ってくる時の煮込み’戦略が最も適所に成し遂げられる状況がよく用意された。 もちろん良い歌が彼らの最大の強みだ。 3位を占めている「アフターライク」の競争曲の一つが自分たちの歌である状況だ。 >

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!