目標が↓… 「BTS不在反映」
[ヨンハップニュース資料写真]

(ソウル=ヨンハップニュース)ホン・ユダム記者=証券会社が4日四半期最大の実績を記録したハイブの目標株価を下げた。

防弾少年団(BTS)の不在、新事業の推進に伴う営業利益率改善幅鈍化などを下方修正の根拠として提示した。

証券業界によると、ハイブの目標株価を下した証券会社はKB証券(35万ウォン→28万ウォン)、IBK投資証券(38万ウォン→24万ウォン)、ケープ投資証券(30万ウォン→27万ウォン)などだ。

前日、ハイブは今年第2四半期の連結基準営業利益が883億で、昨年同期より215.3%増加したと公示した。増加し、純利益は930億で359.3%増えた。 「年間実績推定値を調整した」とし「BTSの不在を一時反映した」と述べた。公演開催の可能性が開かれている”としながらも”今年中にメンバー陣の入隊がなされる可能性があり保守的な立場をとる必要がある”と話した。

イ・ソンファKB証券研究員は「新人アーティストパイプラインが強化され、新事業推進に拍車をかけながら営業利益率改善幅が縮小するだろう」とし「今後3年間の年平均営業利益増加率推定値を既存24.4%で14.0%に下方調整した”と明らかにした。

BTSの入隊問題は株価に十分反映されたと評価された。来年の減益とバリュエーション(評価価値)マルチプル(倍数)の下落は株価に過度に反映されている”とし”今年と来年計6チームの新規アーティストがデビューしてBTSの空白を埋めるだろう”と見た。/p>

パク研究員も「BTS入隊関連の不確実性は持続しているが、すでに株価に反映された状態に見える」とし、他の所属アーティストの成長傾向、今年と来年新人グループ多数のデビュー、ゲームなど新事業の成果の可視化などを友好的に評価した。 BTS再販およびDB禁止]

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!