プロデューサー兼アーティストZICOが英国NMEと単独インタビューを行った。

イギリスの有名音楽専門マガジンNMEは8月3日(現地時間)ジコのミニ4集「Grown Ass Kid」を集中照明し、アルバム作業ビハインドと今後の計画などを盛り込んだ単独インタビューをミニ4集『Grown Ass Kid』の先行公開曲『SEOUL DRIFT』に盛り込まれた『グローバルになる韓国を見守ってみた』という歌詞を引用しながら韓国文化の拡散とジコの復帰についての話でインタビューが始まった。ジコは「過去2年間、プレイヤーではなく観察者として韓国が急速に世界に伸びていくことを見守った。 p>

NMEはこのようなジコの自信の源泉として「Grown Ass Kid」を挙げ、彼の新しいアルバムを韓国現代音楽の最も重要なスターの一人であるジコの地位を再確認する強力な第一歩だと絶賛した。ジコはミニ4集を作業するときに感じた感情と「Trash Talk(Feat. CHANGMO)」、「Nocturnal Animals(Feat. Zior Park)」、タイトル曲「オタク(Freak)」作業ビハインドを伝えながら「人々の考えと感情を表現する音楽を作るのに専念した」とし、アーティストとしての明確な音楽的主観を表わした。

また、Zikoは、次の章の計画の中心であるKOZエンターテインメントの新しいボーイズグループであり、彼が次の章の計画の中心であるKOZエンターテイメントについて、あらゆる面で肯定的な方法で自分に影響を与えたと説明しています。制作計画を明らかにして期待を高めた。 (写真=KOZエンターテイメント)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!