兼アーティストZICOが本物の音楽「オタク(Freak)」らしい強烈な舞台を繰り広げた。アスキッド(グランドアスキッド)タイトル曲「オタク(Freak)」のステージを音楽放送で初めて披露した。

‘と’オタク(Freak)’を説明した後、’オタク(Freak)’チャレンジ振り付けを短く紹介した。また、ジコは地球終末が24時間残ったならば「ここにいるコモン(COMMON、公式ファンクラブ名)の方々と共に’Mカウントダウン’に来てエキサイティングなパーティーを開くだろう”と答えて久しぶりに出会ったファンに濃いファン愛を見せた。

「オタク(Freak)」の舞台で、ジコは毎瞬に飛び出すエネルギーと視線を圧倒するパフォーマンスで「オタク」そのものに変身した。曲の始まりと共に倒れているダンサーたちの間で一人で立っているジコは、歌に合わせてリズムに乗る姿を皮切りに爆発的なエネルギーを発散したパフォーマンスを見せて、力強いライブと曲の雰囲気に合わせた表情演技は没入感をさらに高めた。 p>

「オタク(Freak)」は、ジコマンのエキサイティングでエキサイティングなバイブが凝縮されたトラックです。騒動で混乱したオタクたちの街を思わせる曲のテーマにダイナミックなボーカルとメロディーが合わさってジコのエネルギーを全身で感じることができる曲だ。デビュー11年ぶりにソロ活動初めて音楽放送に出撃という点でさらに注目に値する。ジコは時間が経っても舞台を完全に楽しむ変わらない情熱でK-POP市場で相変わらず存在感を証明している。 (Freak)’舞台を披露する予定だ。

舞台を広げた。ジコは8月4日に放送されたMnet「Mカウントダウン」に出演し、ミニ4集「Grown Ass Kid」(グランドアスキッド)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!