グループTWICEが多彩な新報ティーザーコンテンツを用意した。 1&2(ビートウィンワンアンドトゥ)とタイトル曲「Talk that Talk(トークコメント)」を発売する。ワット・イズ・ラブ?)」、「The Feels(ザ・フィールズ)」などTWICEヒット曲を一緒にしてきた作曲家イ・ウミン「collapsedone」が作曲とプロデュースを引き受け、Kポップ作詞チームdanke(ダンケ)が作詞して9メンバーのエネルギーを盛り上げた。

また、TWICEのメンバーたちが新しいアルバム収録曲の作業に手を加えて注目を集める。チェヨンが3番トラック「Basics(ベーシック)」、ジヒョガ4番トラック「Trouble(トラブル)」、ダヒョンが6番トラック「Gone(ゴン)」と7番トラック「When We Were Kids(ウェンウィウォルキッズ) )’など各新曲の単独作詞を引き受けて特別な感性を溶かした。特にジヒョは「Trouble」の作詞をはじめ、作曲、コーラス、ディレクトに参加して音楽的力量を誇った。

08/05/0001484959_002_20220805082301494.jpg?type=w540″>

また新しいアルバムと関連し、所属事務所JYPエンターテイメントは5日公式SNSチャンネルにティージングスケジュールが盛り込まれたタイムファンダム名:ONCE)の関心を集めた。収録曲「Queen of Hearts(クイーン・オブ・ハーツ)」と「Brave(ブレーブ)」の音源を一部公開する。また、23日にはアルバムスニークピーク、24日と25日のミュージックビデオティーザーを公開して開く。

アルバム発売当日の26日にはカムバックライブを行い、アメリカ音楽番組「MTVフレッシュアウトライブ(MTV Fresh Out Live)」に出演して国内外のファンと会う。=JYPエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!