防弾少年団V、米ビルボードデジタルソングセールス「週間最大販売量」全世界男ソロ1位防弾少年団(BTS)Vが上半期、アメリカのビルボードセールスチャートTOP3に上がり、圧倒的なセールス記録を残した。上半期ビルボードデジタルソングセールスチャート「週間販売量」部門で全世界男性ソロアーティスト最高記録を立てた。

世界的なラッパー「ニッキー・ミナーズ」の「Do We Have A Problem?」が48,000コピーで1位、BTSの「Yet To Come」が41,800コピーで2位を占め、 、Vの「Christmas Tree」は23,500コピーの記録で3位に上がった。 >世界最大の音楽市場である米国で韓国ソロアーティストがトップ3のビルボードデジタルセールス記録を持つというのは途方もない快挙だ。また、グループBTSも2位に上がり、Vはグループでもソロアーティストでも世界最上アーティストであることを確認したわけだ。最初のエントリーとトップランキングを記録した上半期のK-POP最高ソロ曲です。

防弾少年団ビュ、米ビルボードデジタルソングセールス「週間最大販売量」米国経済専門誌フォーブス(Forbes)はビルボードを強打したビュの記録がどれほどすごかったか(How Huge)分析報道し、「クリスマスツリーが対決できない人気を立証した」と伝えた。

「Christmas Tree」は、グローバル最大の音源プラットフォームSporti Piでは、K-POPソロ曲最短期1億4000万ストリーミング記録を立て、2022年度最多ストリーミングソロ曲1位に上がった。

防弾少年団BUS、美ビルボードデジタルソングセール1ウィスフォーティファイの’歴代韓国OSTストリーミングトップ10’ランキングでは1位’Sweet Night’と共に’Christmas Tree’が3位に上がって強力な音源パワーを誇示した。

メンバージーンと一緒に歌ったドラマ’ギャラリー’のOST’死んでも君よ’までVはすべて3曲をトップ10にランクさせて’信じて聞くOST キング’Vの底力を確認させた。

ビュは「K-OST時代」の砲門を開いた主人公としてソロアーティスト最高の力量を見せていると評価されている。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!