=w540″>
グループユキスリーダースヒョン氏がデビュー14年ぶりに最初のミニアルバムを発売してソロに出る。’おやすみなさい”0330”うるさい!!’などのヒット曲で愛されたユキス時代を過ぎ、2020年「スヒョンOPPA」に再照明を受けた彼が新曲「焼酎の妖精」で歌謡界にカムバックすることになったのだ。’COUNT ON ME’はユキス・スヒョンではなくソロ歌手スヒョンとしてファンに伝える率直な気持ちを込めたアルバムだ。タイトル曲「焼酎の妖精」をはじめ、合計4曲の音源が収められたアルバムは、スヒョン氏のしっか​​りとした歌唱力を基に、それだけの音楽世界を披露する。感想を聞かれたスヒョン氏は「ミニアルバムがスタートすると言う時は緊張をたくさんした。震えながらも感謝して感謝した気持ちも聞いた」と伝えた。なったというスヒョン氏は「私が考えるのがすべて正しいと思わないので、お互いに話して一緒に良いことを探そうとたくさんしたようだ」とし「曲自体や歌詞の内容などは私の意見が多く反映された。私が表現したいものがよく入ってあるようだ」と満足を表した。

タイトル曲「焼酎の妖精」はロックベースのポップダンス曲だ。男が恋に落ちる過程を焼酎を飲みながらとる感情の変化で表現した楽しく独特の設定の曲でジャズ、ブルース的な要素を曲に加味して音楽的に豊かな感じをプレゼントする。

スヒョンさんはタイトル曲にしたいと話した。 ときめき、恋に落ちたい感じが聞こえた。特に好きなので焼酎を飲みながら気分が良くなって酔っていく感じを恋に落ちるように表現してみた」と説明した。スヒョン氏は「妹が率直な方だが、20代半ばが好きだろうかと尋ねたらとても良いと言った」と自信ができたと明らかにした。

続いて「私の年齢の方は働いているが、このような歌を聞くと力が出ないかと思ったが、20代の若い友人たちもこのような感じが好きかと思うようになった」とし「最近アイドルの方の中でアイブナ(女)子供たちのように大丈夫で個性を活かした音楽が多くないのか。誰も共感できるように、楽に聴ける音楽をした」と自信した。 。スヒョン氏は「期待をしなかった」とし「私が直接撮ってもいいし、広告に音楽が敷かれたらいいなと思う」と心地よい風を伝えた。 アルバムにはユキスと同時代に活動したまた別の第2世代アイドルグループ出身で、「文明特急」に再照明を受けたという共通点を持っているティントップ・ニエル氏と一緒に歌ったデュエット曲「My Friend」も収録された。スヒョン氏は「ティントップが初めてデビューしたときにニエルさんを注目してみたが、その友人とは必ず音楽をしたいという考えをしてきた」とし「音色がはっきりしたうえ、私ができない感じを出すのがとても不思議で羨ましくて一緒にしたかった」と述べた。を通じて自分だけの色を見せることも重要だったが、ユキスの固着化されたイメージを脱皮することもやはり一つの宿題だったと。スヒョン氏は「’満たしてる’という曲を多くの方が知っておいて良いのに、そのイメージがあまりにも詰まっていて抜け出すのが少し難しかった”とし”だからソロを出したときに別の姿をお見せしたかった”と説明した。

それでも大衆に愛されたユキス曲に対する感謝の気持ちを表わした。スヒョン氏は「歌手がヒット曲一つを持つためには実は運も良くなければならず、タイミングのような要素が多く必要だと思う」とし「それでも苦しいことがないわけではない。色を変えることが難しかった。努力をするのにも良くなかった。 「満たしている」のほかにも歌を本当にたくさん出したが、誰も知らない。と思う」とし「だからアルバムジャンルが一つに追い込まれていない。感じの違う曲が多様に入っている。アルバム曲を見てみるととても面白い。音楽的にもストーリー的にも騎乗転決を置いて順番を組む」と付け加えた。 >

いつのまにかデビュー14年目に入ったスヒョンさんは「実感が一つもない。ただ長いことだった。記憶をたどってみると長くしたかった」としながらも「最近音楽放送をした。そこに行ってみるとみんな後輩だ。むしろ不便だったし、そんなとき14年目なのがちょうど体感されるようだ」と説明した。呼んでください。何でも準備ができています。 * YTN starでは芸能人および芸能界従事者に関連する情報提供を受けます。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!