7日まで進行
ジャイアンティやニューホフクラブなど華やかな舞台
明日はコナングレー、ジコ、キリボーイ出撃

[ソウル=ニューシス] 6日試合(写真=ワンダーウォール提供)2022.08.06。写真@newsis.com [ソウル=ニューシス]ペ・ミンウク記者=”コロナ19で首にした公演に対する渇きをついに解消しました。”「ハウス・オブ・ワンダー(Haus of Wonder・ハウフェ)」が6日幕が上がった。

ハウフェはワンダーウォールが「驚きの家に招待」というコンセプトで設けた初の大型ミュージックフェスティバルだ。 R&B、ヒップホップ、ポップなどのジャンルの若いミュージシャン中心にラインナップを飾った。去る5月1・2次アーリーバードチケットがオープン1分ぶりに完版を記録する大きな関心を受けた。

この日、京畿一山キンテックス第2展示館で開かれた「ハウフェ」の現場も同様だった。 30度を上回る暑さは問題にならなかった。友人・恋人をはじめ、家族単位の観客たちは公演開始前から入場のために100mほど長い列を立てるなど期待感を表わした。

ハウフェは国内外の最上位アーティスが総出動した。会場は約6000人の観客たちの群れ・群舞・彗星でいっぱいだった。ポムンはK-POPボーイズグループ「ピウォンハーモニー(P1Harmony)」が開かれた。ピウォンハーモニーは観客の積極的な呼応にアンコールで答えて公演の始まりを知らせた。

[. (写真=ワンダーウォール提供)2022.08.06。 [email protected]ワンダーウォールはハウフェには様々な楽しみ方も用意した。ワンダーウォールでフラワーデザインクラスを披露した下水民フローリストが会場プランテリアを務めた。ハウフェフレームが入ったフォトマティックのセルフ写真ブース、年配の作家とコラボしたフェイクタトゥーなどでフェスティバルをさらに多彩に楽しめる。オールドフェリドーナツ、ボナンザコーヒー、セルシアス、タムスゼロ、ティムビアなどF&B(飲食)ゾーンも用意した。

観客は公演中ブレークタイム(休憩時間)に写真を撮るなどハウフェの思い出を残しながら楽しむことも満喫した。ワンダーウォールはコロナ19の再拡散傾向を考慮してハウフェ期間公演会場の防疫を強化した。熱チェック機器を入場ゲートに配置し、コロナ19自己診断キット、汚染時に使用できる余分なマスクも用意した。また、会場内では就食ゾーンでのみ食物摂取が可能にした。

ハウフェは7日まで続く。全世界が注目する次世代ポップスター「コナン・グレー(Conan Gray)」、軍服務を終えて2年ぶりにカムバックしたジコ(ZICO)をはじめ、イギリスのシンガーソングライターであり、ギタリスト「トム・ミッシュ(Tom Misch)」、フロリダ出身の歌手兼作曲家「ジョン・K(John K)」、様々なジャンルと音楽的表現で愛される「キリボーイ」、ライジングするヒップホップミュージシャン「アッシュアイランド」などが共にする。マス・キム・ヨンジュン代表は「ハウス・オブ・ワンダーフェスティバルを初めて披露することになった」とし「国内外最上アーティストの華やかな舞台と共に特別な思い出を築いてワンダーウォールの祭りを存分に楽しんでほしい」と話した。

月、初の音楽祭開幕… 7日まで進行ジャイアンティやニューホフクラブなど華麗な舞台明日はコナングレー、ジコ、キリボーイ出撃[ソウル=ニューシス]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!