>(エクスポートニュースキム・イェウン記者)公演中の発言で世論の盛り上がったバンド・チョン・ナビ(チェ・ジョンフン、キム・ドヒョン、チャン・ギョンジュン)が謝罪後も苦しんでいる。

ロックフェスティバルステージに上がった。ジャンナビはサブヘッドライナーであり、この日のヘッドライナーは2020年グラミーアワーズベストアルバム賞受賞チームであるバンドヴァンパイア・ウィケンドだった。

この日ジャンナビは「私たちが2017年ペンタポートスーパールーキーで始めて一番小さな舞台初めての順序だった。だから冶金冶金ここまで来た」とし「ハンノムだけをお済ませになるのではないか。次のチームが誰か知らないけど、そう伝えたい」という発言をして聞く人々を荒涼とした。

「皆さん、もう家に帰ってください。’カムバックホーム’聞かせて私たちは行く」と話したりもした。これらの次の舞台が予定されていたが、公演が終わったように言ったこと。この発言により実際に席を立てた観客がいたという後期も伝えられた。

しかもジャンナビはタイムテーブルが組まれているにもかかわらずアンコールステージを続けて後の公演チームに被害を与えた。

このようなジャンナビの発言が知られ、オンライン上では苦い声が続いた。これに彼らは一日後の7日、公式SNSを通じて「夢に描いた舞台と素敵な観客の方の前に立っているので興奮に勝てず軽い言葉で他のバンドとファンの方々にご不便をおかけした。意図は絶対そんな意味ではなかったがそう見せる負けるという点を認知できなかった」という立場を明らかにした。

それで「これからはそんな実言をしないように気をつけていく。もっと良い音楽と公演で探してお会いできるように精進する」とし「一緒にいただきありがとうございます!」という文を付け加えた。しかしネチズンたちは「謝罪のない謝罪文」と真正性のないジャンナビの立場に対する指摘を続けている。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!