w540″>/写真=ウリムエンターテイメント
グループゴールデンチャイルド(チェ・ボミン、ホン・ジュチャン、キム・ドンヒョン、キム・ジボム、ボン・ジェヒョン、ペ・スンミン、TAG、イ・ジャンジュン、Y、イ・デヨル)が第6ミニアルバム「AURA」(オーラ)とタイトル曲「REPLAY」(リプレイ)でよりエネルギッシュで吹き飛ばされるパフォーマンスと共に帰ってきた。ゴールデンチャイルドはこの日午後6時、新報を発売して10ヶ月ぶりにカムバックする。

「オーラ」には今回のアルバムと同名の曲「オーラ」からタイトル曲「リプレイ」、収録曲「KNOCKING ON MY DOOR」(ノッキングオンマイドア)、「3! 6! 5!’,’PURPOSE'(パフォーズ),’完璧海(MIRACLE)’まで計6曲が載せられた。巻いて過去の視点に戻り、強烈な欲望を表現した印象的な歌詞と曲全般のシンセベース、スラップサウンド、シンセリードが調和して緊張感を加える。メンバーチャン・ジュンとタグが作詞に参加した。チャン・ジュン、タグは今回のアルバムでもタイトル曲を含め「3! 6! 5!’、’パーポーズ’、’完壁海’まで計4曲の作詞に参加した。

/写真=ウルムエンターテインチャイルド・ジェヒョンは「オーラ」アルバムについて「ゴールデンチャイルドのエネルギー的なバイブだけでなく、成熟した姿を感じることができるだろう」と紹介した。今回のアルバムの鑑賞ポイントを聞くと、ジュチャンは「今回のアルバムには6つのトラックに収められているが、爽やかで清涼でセクシーな様々な曲がある。

最初のトラックオーラについて、ボミンは「タイトル曲「リプレイ」の前兆となる壮大で濃厚な曲」と説明した。タイトル「リプレイ」についてチャン・ジュンは「時間を戻して過去に行き来した強烈な欲望を表現した。として初めて注目を集中させる」と明らかにした。

第3トラック「ノッキングオンマイドア」について、ドンヒョンは「メンバーが一番好きな曲だった。愛という感情を通じて成し遂げた成長と変化を込めた。ような気分を感じられる」と紹介した。次の’3! 6! 5!」の説明でジボムは「365日常に肯定的で明るいエネルギーを持って生きてみようという涼しいギターリーフが盛り込まれた清涼な曲」とした。

第5トラック「パーポーズ」について尋ねると、タグは「私が直接作詞作曲をした曲だ。と感じてみようという考えを込めて書いた」と話した。タグは「すべてのメンバーがとてもよく仕事に参加してくれた。特にドンヒョンさんがよくしてくれて記憶に残る」とメンバーたちの参加に感謝を伝えた。最後の「完璧」についてスンミンは「相手と初対面をした時の感情を込めた楽しい曲だ。私たちが後でファンミーティングやコンサートをしたときに強烈なパフォーマンスを見ることができるだろう」と説明した。

/写真=チャン・ジュンはゴールデンチャイルドタイトル曲「リプレイ」のミュージックビデオについて「メンバーの大多数が未来刑務所に閉じ込められており、また他のメンバーが収容所に閉じ込められたメンバーたちを救う内容を含んでいる」と説明した。ワイは「リプレイ」ミュージックビデオの鑑賞ポイントで「群舞がポイントだ。撮影する時も振り付けがよく当たって印象的だった」と話した。

ゴールデンチャイルド今回のアルバムでどんな挑戦をしたのか尋ねると、ワイは「ゴールデンチャイルドが成長するには常に挑戦しなければならないと思う」とし、「海外にいるファンたちも訪れることができるように常に挑戦するゴールデンチャイルドがなろうとする」と答えた。

ゴールデンチャイルドは今回のアルバム収録曲の多くがタイトル候補になるほどアルバムとタイトル曲において自信を見せた。ジュチャンは「ゴールデンチャイルドが清涼なアイドルとして覚えることができるが、『リプレイ』と最後までタイトル候補に上がった曲が『ノッキングオンマイドア』と『3!6!5!』だった。強烈な何かが必要だという考えに最終’リプレイ’がタイトルになった”とした。

タグは去る5月急性肝不全の症状で危毒した状態だと知られている。当時、所属事務所は「危険な状態ではない」とし「初回検査の結果、肝臓の状態が良くないという診断を受けたが、医療スタッフの継続的な検査と治療で現在は検査結果と健康状態が多く好転した」と明らかにした。今回の活動にカムバックしたタグは「久しぶりに活動をすることになったが、メンバーや家族、ファンの方々が心配してくれて早く回復できた。今は遠い」と伝えた。

メンバー隊列は現在現役で軍服務中だ。ジェヒョンは隊列の不在にもゴールデンチャイルドが熱心に活動するという誓いをしながら「リーダー兄さんが今いらないのでメンバーたちも新たな挑戦をしたようだ」と話した。チャン・ジュンは「隊列型の空席を私たちのメンバーたちがうまく満たす。ゴールデンチャイルドの成長する姿をお見せする。もう一段階ネクストレベルに上がる様子をお見せする」とした。

グループゴールデンチャイルドタグ生中継で行われた4番目のミニアルバム「Take a Leap」ショーケースで新曲を披露している。/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]日午後オンラインで行われた正規2集「ゲームチェンジャー」(GAME CHANGER)発売記念ショーケースでポーズを取っている。ゴールデンチャイルドの今回のアルバムタイトル曲「Ra Pam Pam」(Ra Pam Pam)は、数々の人気Kポップ歌手たちと作業したダンケ(Danke)とスターダスト(Stardust)の作品で、心臓が走る音を表現した擬声語でタイトルをただ、不安で混乱した状況の中で希望に向かって進む胸の激しい意志を込めた。/写真提供=ウリムエンターテイメント/写真=キム・チャンヒョン記者 [email protected]
ゴールデンチャイルドは最近米州ツアーをしながらも自ら成長した部分があったと。ジュチャンは「アメリカのツアーを私たちが初めてしたし、コロナが少し大丈夫になるコンサートだった。私たちも対面コンサートがたくさん懐かしかったが、反応が良いような歌でセットリストを組んだ」とし「ひとまず体力的に多く成長したこと同じで、ショーマンシップや観客たちとコミュニケーションする方法を知ったようだ」と話した。また「私たちがイギリスでスケジュールをしたがカムバックすれば完璧なパフォーマンスをしなければならないと思った」と付け加えた。スンミンは「私たちが10都市を回りながら観客とのコミュニケーションが確かに重要だと考えた。 「と言った。来る28日デビュー5周年になるゴールデンチャイルドはファンのためのコンテンツがあるかどうか尋ねるとチャン・ジュンは「私たちがデビュー5周年を控えていると感慨が新しい」とし「準備したコンテンツがある。肯定的な検討を通じてコン​​テンツを野心的に準備している」と話した。続いて「スケジュールをしながらゴールドネス(ファンクラブ)の方々とコミュニケーションするコンテンツをたくさん企画してみる」と伝えた。

ジボムは「ゴールデンチャイルドがデビュー5年になり、メンバー一人一人成熟したようだ。運動するメンバーもいて、個々の活動をしながら成熟した姿を見せてくれるようだ」とした。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!