音源収益配分「ユーザー別決済プロセス」69%

type=w540″>音源プラットフォーム利用実態および精算方式選好度調査<韓国>音楽ラベル産業協会提供。再販売とDB禁止]

(ソウル=ヨンハップニュース)レーベル産業協会は6月13~20日、音源プラットフォーム有料加入者1千500人を対象に韓国リサーチに依頼して調査した結果、このように現れたと9日明らかにした。メロンが52.7%で1位を占め、YouTubeミュージック(31.2%)、ジニー(20.0%)、フロー(11.5%)、バイブ(9.2%)、バックス(8.0%)などが続いた。グローバル音源プラットフォームアップルミュージックとスポーティファイはそれぞれ7.3%と4.7%だった。この他にはYouTubeミュージック24.1%、ジニー11.7%、フロー7.7%、バイブ4.8%、バックス3.8%、アップルミュージック2.9%、スポーティファイ2.4%などだった。

どのような状況で音楽を聴くかという質問に「心配する時」(29.1%)という回答が最も多く、主に音楽を聴く時間は「午後6~10時」という回答者が28.5%で最も多かった。

一日平均音楽聴き時間は’30~60分’という回答が40.3%で1位を占めた。

音源プラットフォーム利用実態と精算方式選好度調査再販およびDB禁止]

一方、音源収益分配方式に関しては「利用者別決済方式」がより公正であるという回答が68.9%、既存方式である「比例配分制」がより公正であるという回答が21.0%でそれぞれ調査された。これとは異なり、現在のほとんどの音源プラットフォームは、毎月の総売上を総再生数で割り、特定の音源再生数が占める割合を計算して使用料を配分する「比例配分制」を採用している。 。

tsl[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!