「ソシタムタム」第6話で、少女時代末っ子のソヒョンがソロvsグループ活動の本音を率直に打ち明けた。テヨンとの会話。

ソヒョン、ソロ活動とグループ活動の違いを明かす

8月9日JTBC の「ソシタムタム」 エピソード 6 が放送され、少女時代のデビュー 15 周年記念が取り上げられました。放送中、ソヒョンとテヨンは1対1の会話を交わした.

(写真:ソヒョン、テヨン(News1))

車の中で、テヨンはソヒョンのソロについて尋ねた. SMエンターテインメント退社後のキャリア。ソヒョンはその後、新しい巣で一人でいることについての彼女の気持ちを共有しました.

「私は自分自身をよりよく知るようになりました.一緒にいると、自分のことを考えているのは自分だけではなく、環境に適応するにつれて、自分がどんな人間なのかわからなくなりました.

でも、一人だったので、最初は、自分のことをよくわかっていなかった」

末っ子は、その過程でどのように成長したかを続け、次のように語った:

「いつ一人で仕事をしていて、スタッフはみんな年下だったし(少女時代)ずっと末っ子だったけど、スタッフと一緒にいると「お姉ちゃん頑張らねば」っていつも思ってた。以前は姉たちに子供っぽかったが、今は控えるべきだと思う.”少女時代について、次のように付け加えています。ソロ活動をしている姉がいます。姉たちとおしゃべりをするのが恋しいです。」大人になりすぎると寂しくなります。状況や相手に合わせてうまくやればいいと思います。同時に、自分の言いたいことをうまく表現できます。」

ソヒョンがテヨンのソロ活動について尋ねると、テヨンは彼女の話に共感し、ソリストとしてより「決定的」になったと打ち明けた。テヨンは言った:

「私が本題に戻ったとき、みんな私の決定を待っていた. もともと私は優柔不断だったので、他のメンバーが食べ物のメニューを世話するだろうと思っていた.今は私がメニューを選んでいます. それは少し違います.”

少女時代のメンバーが一日のマネージャーになる

(写真: ソヒョン、テヨンはソシタムでヒョヨンのマネージャーになりました)タム (ニュース 1))

一方、ショーの間、少女時代はアーティストとマネージャーに分かれた役割を果たしました。

テヨンとソヒョンはヒョヨンのマネージャーとして、サニーとティファニーはヒョヨンのマネージャーとしてペアになりました。ユリのマネージャー、スヨンのマネージャーのユナ。 p>

(写真: ソヒョン、テヨンはソシタムタム (ニュース 1) でヒョヨンのマネージャーになりました)

しかし、彼らの陽気な冗談ややり取りは別として、9 人のメンバーのグループは彼らの親密な関係とお互いへの愛をほのめかし、おやつを準備し、スケジュール中に世話をし、やる気を起こさせました.

K-POPニュースの詳細については、K-Popニュースをフォローして購読してください. Inside.

K-Pop News Inside がこの記事を所有しています。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!