グループ防弾少年団のジン、ジミン、ビュ、ジョングクがベニー・ブランコ(benny blanco)、スヌープドッグ(Snoop Dogg)とコラボした曲’Bad Decisions’が米国ビルボードメインシングルチャート’ホット100’10位を記録した。

15日(現地時間)公開されたアメリカ音楽専門メディアビルボード最新チャート(8月20日者)によると、防弾少年団ジン氏とジミン氏、ヴィーさん、ジョングク氏が去る5日発表したベニー・ブランコ、スヌープドッグとのコラボ曲「Bad Decisions」は進入初週のビルボード「ホット100」10位に直行した。

ビルボードは公式ホームページに掲載された記事を通じて「Bad Decisions」の「ホット100」10位のニュースを伝え、「発売初週にこの曲は1,010万回ストリーミングされ、デジタルダウンロード数、CD/カセット」販売量などは6万6000と集計された」と説明した。

ビルボードによると、これで防弾少年団は10曲以上をビルボード「ホット100」トップ10に載せた最初の韓国アーティストになった。

‘Bad Decisions’は’デジタルソングセールス’ではチャートに入りながらすぐに1位を占め、’ビルボードグローバル200’と’ビルボードグローバル(アメリカを除く)’ではそれぞれ6位と7位に上がった。

一方、防弾少年団ジン氏、ジミン氏、ヴィーさん、ジョングク氏とベニー・ブランコ、スヌープドッグが呼吸を合わせて歌った「Bad Decisions」は、愛する人に向けて率直な心を伝える軽快なダンスジャンルの曲で、ベニー・ブランコが今年発売予定の正規アルバムに収録される予定だ。

* YTN starは、有名人や芸能界の従事者に関連する情報を受け取ります。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!