グループBLACKPINKが正規2集タイトル曲「Shut Down」のミュージックビデオティーザーを14日に電撃公開した。約23秒の短い分だ。感覚的にサンプリングされたパガニーニのクラシックナンバー「ラ・カンパネラ」のメロディーが強烈な中毒性を予感させた。で完成した。盛り上がる雰囲気と共に飛び出した強烈なサウンドは、リサのジェスチャーと一体となって濃いインパクトを残した。これはファンと共にした過去の音楽旅程を思い出させ、本編に対する期待感を一層引き上げた。車に乗ったロゼは自由奔放なエネルギーを発散し、ブラックシャツ姿のジェニーはカリスマあふれる目つきで正面を見つめた。ヒップなムードの指数は致命的な魅力を、あふれる雨の間で登場したリサは特有のガールクラッシュオーラを吹き飛ばした。市発表される。タイトル曲「シャットダウン」について所属事務所YGは「クラシックとトレンディなヒップホップビートの調和が印象的な曲」とし「ブラックピンク音楽の新たな地平を開くことになるだろう」と伝えた。ピンクはこれに一時間前にYouTubeの公式チャンネルで「カウントダウンパーティー」を開き、新曲紹介や今後の活動に関する多彩な話を伝える。

来る10月15日と16日にはソウルオリンピック公園KSPO DOMEで超大型ワールドツアーの砲門を開く。

[写真=YGエンターテイメント提供]

(パク・ユンジン記者 [email protected])

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!