エムストーム提供

ポストコロナ時代フェスティバル現場は以前とは全く違う様相を帯びている。コロナ以前は忙しくて寂しい日常に歯が「私」自身の癒しに集中していたら、今は「私」だけでなく「地球」も一緒に考え始めたのだ。

ペンタポートロックフェスティバル」をはじめ、「水原演劇フェスティバル」、「江陵コーヒーフェスティバル」など、今年は全国のフェスティバルでグルメエリアに多回用機レンタルサービスを導入し、「使い捨て品OUT!」を叫ぶことを深く見ることができた。/p>

このような公演界の流れには国内外の有名なスターたちの率先手犯も一役買った。世界的なロックバンドのコールドプレイは、2022年のワールドツアーでCO2排出量をコロナ19ファンデミック以前の最後のワールドツアーよりも50%減らすという抱負を明らかにし、「持続可能なワールドツアー」に対して強い意志を見せた。実際に今回の「Music of the Spheres」ワールドツアーではリサイクル素材で製作した公演舞台を披露し、その舞台に使われるエネルギー源も太陽光エネルギーや運動エネルギーで充電が可能なBMW i3バッテリーを活用した。そして、会場のひとつに電気を生産する自転車と運動エネルギーから電気を生産する「Kinetic floor」を設置し、ファンと共に「持続可能なワールドツアー」を作っていった。

は4年ぶりに発売した6集正規アルバム「END THEORY」で「気候危機」についての内容が盛り込まれた「6年230日」という曲を収録した。

で作られた大衆歌謡は、ユンハの「6年230日」が唯一で、専門家たちは持続可能なKポップにとって大手であり、作品性としても高い価値があると評する。分離排出が厳しい日本での生活から影響を受け、環境に大きな関心を持つようになったというユンハは今年24日「2022ジョイオールパックフェスティバル」で「持続可能なフェスティバル」のために先頭に立つ予定だ。

コロナ19以後3年ぶりに開催される「2022ジョイオールパックフェスティバル」も時代の流れに合わせて全面に「ESG(環境・社会・支配構造)」コンセプトを打ち出して帰ってきた。

情報などはモバイルチケット発券やモバイル案内冊子の配布などモバイルを200%活用して不要な支流印刷を減らし、F&Bゾーンでは使い捨て代替サービスを通じてごみのない世界を夢見る「トレッシュバスターズ」とともに、使い捨て品使用ゼロに挑戦している。担当者は「フェスティバル現場で多回用機レンタルサービスを利用することが定着したいという気持ちでこのような決定を下した。」と明らかにした。吊り幕を回収して製作が始まり、4週間後にもらえる「アップサイクリンググッズ(バッグ、ポーチ)」だ。のために悩んだ姿が垣間見える。グッズ製作はアップサイクリングブランド「Nukak」が担当する。製作担当者は「この製品は世界でたった一つだけのバッグなのでその意味を加える」と伝えた。スラン、ノクサルXカデホ、ワンシュタイン、アッシュアイランド、HYNN、リラマルズ、Dvwn、ミノイ、Wave to earth、EXNなど国内最高のアーティスト20チームが共にしてエコ風に参加する予定だ。

懐かしい秋風と共にする「2022ジョイオールパックフェスティバル」は9月24日~25日オリンピック公園88芝生庭で開催され、前売りはインターパーク、ウィメフ、チケットリンク、ネイバー予約を通じて可能だ。

ソン・ボンソク記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!