(JAY B)が多彩な音楽色彩を披露する。 )のハイライトメドレー映像を公開した。 JAY Bは、タイトル曲「go UP」を含む「Break It Down(Feat. Sik-K)」、「Livin」、「The Way We Are」、「Fountain of Youth」、「Holyday」まで総6つのトラックを直接ライブで消化し、ユニークなボイスと音色で目と耳をひきつけた。

2022/09/16/0001500901_002_20220916093203550.jpg?type=w540″>

新報には、日常を超えて新しい試みをしてみようというメッセージを盛り込んだ’Break It Down(Keat),目標を設定する人生について語った「Livin」、今後のことに対する期待感を込めてファンに送るメッセージを歌った「The Way We Are」、友情の大切さを希望的なメロディーとして表現した「Fountain of Youth」今回のアルバムの対米を飾るガスフェルR&Bジャンルのスロージャムナンバー「Holyday」まで多彩なジャンルの収録曲が盛り込まれた。サウンドをフックジャンルに組み込んだ強力なグルーブのフックポップナンバーだ。他人の期待を超えて負担感をすっかり打ち明けて、真の自由を探そうというメッセージとJAY Bの変化無双のボーカルが調和を成す。 JAY Bは、タイトル曲「go UP」の作詞をはじめ、全曲クレジットに名前をあげ、限界のないジャンル消化力とさらにはっきりとした音楽的色彩を披露する。とソロ活動ともに眩しいキャリアハイを達成したのはもちろん、アルバムごとに卓越した音楽的能力とパフォーマンスで強大なグローバル人気を立証した。また去る7月末新生企画会社であるカデンチャレコーズと専属契約を締結してさらに多様な歩みを繰り広げている。 「Be Yourself」を発売する。所属事務所カデンツァレコーズ(CDNZA Records)は本日(16日)公式SNSを通じてJAY Bの2番目のEP「Be Yourself」(非ユーアセルフ)のハイ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!