“>グループルセラフィム/写真提供=ソスミュージックグループルセラフィム(LE SSERAFIM)が本音を公開する。 Oyster」を公開する。の瞬間が込められている。また、純度100%のインタビューを通じて、本音を加減なく聞かせるなど、「現状のままのルセラフィム」に会うことができる。

で「キャスティングになればとても嬉しい。だが、それ以降は想像と全く違う人生を生きるようになる」とデビューの道は決して虐待されないことを暗示した。ルセラフィムのドキュメンタリーには、チーム結成後に始まったデビューステージの練習、その過程で打たれた欲求不満、限界を克服するための汗と努力がそっくり含まれている。熾烈に練習して自らに失望もしたが、結局これを悪くして再び立ち上がるルセラフィムが描かれる。様々な叙事詩を持っている彼らは、それぞれの悩みと考えを率直に打ち明ける。大衆の予想を上回りたいキム・チェウォン、3回目のデビューを控えたさくら、かつて歌手の夢を折らなければならなかったホ・ユンジン、すべてが見慣れない一葉、最後にチームに合流したホン・ウンチェまで、5メンバーはそれぞれの背景から来る負担とプレッシャーを率直に告白する。

ドキュメンタリーの副題「The World Is My Oyster」は、ルセラフィムのデビューアルバム「FEARLESS」に収録されたイントロ曲のタイトルであり、「世界に屈せずに結局私のものにする」という意味だ。このようにメンバーたちは結局すべての逆境を勝ち抜き、初の舞台に上がることになる。デビューステージを通じて夢に対する確固たるさを再び感じたルセラフィムの姿は見る人々まで笑顔にするだろう。

アン・ユンジ記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!