ナインアイが17日、ソウルオリンピック公園平和の広場で開かれた2022第6回大韓民国青年の日コンサートで公演をしている。一方、2022第6回大韓民国青年の日祭りは、青年と未来、スポーツソウル、グッドモーニング経済が主催し、国務調整室、教育部、外交部、統一部、国防部、行政安全部、文化体育観光部、産業通商資源部、保健福祉部、雇用労働、女性家族部、国土交通部、中小ベンチャー企業部、ソウル特別市、釜山広域市、ソウル特別市議会と大韓十字社、韓国青年企業家庭新財団、K-ICT創業メンタリングセンター、韓国産業安全保健公団、ワッフルステイ、SKT、BNK釜山銀行、大英債費、マナグループコリア、右手、ロカモビリティ、サンドボックス、男性財団、コーロンインダストリーFnC部門、慶南工業、アルファテック、振付創作家協会の後援で行われた。 2022. 9. 17オリンピック公園チェ・スンソプ記者[email protected]

[スポーツソウル|チョン・ハウン記者]新人グループのトレンド誌、ナインアイとシンガーソングライターキム・ジョンハンが「2022第6回大韓民国青年の日祭り」の舞台を活発に開いた。

社団法人青年と未来が17日、ソウルオリンピック公園平和の広場で「2022第6回青年の日祭り」のハイライトであるコンサートが開かれた。ジコ、アイブ、琵琶、ユンハ、ステイ氏、ヤンダイル、イムハンビョル、ケプラー、キム・ジョンハン、ナインアイ、トレンド紙などが青年の日を記念するために総出動した。

オリンピック公園平和の広場特設舞台で行われたこの日の公演は無料で行われた。 「レッツプレイ、シェルウィ」(Let’s play, shall we)というタイトルで、2030世界エキスポ誘致と大韓民国青年を応援するために設けられた。

本式が始まり、トレンド誌が一番最初に舞台に上がった。去る1月5日歌謡界ダンチャン出射票を出した彼らは’WHO(後)’舞台を通じて新人らしい強烈なパフォーマンスで青年の日コンサートの力強いスタートを切った。トレンド誌は、「このようなイベントに私たちが一緒になることになり、光栄です。期待とときめきを持ってきた分、一生懸命準備した」と所感を明らかにした。

キム・ジョンハン日ソウルオリンピック公園平和の広場で開かれた2022第6回大韓民国青年の日コンサートで公演をしている。一方、2022第6回大韓民国青年の日祭りは、青年と未来、スポーツソウル、グッドモーニング経済が主催し、国務調整室、教育部、外交部、統一部、国防部、行政安全部、文化体育観光部、産業通商資源部、保健福祉部、雇用労働、女性家族部、国土交通部、中小ベンチャー企業部、ソウル特別市、釜山広域市、ソウル特別市議会と大韓十字社、韓国青年企業家庭新財団、K-ICT創業メンタリングセンター、韓国産業安全保健公団、ワッフルステイ、SKT、BNK釜山銀行、大英債費、マナグループコリア、右手、ロカモビリティ、サンドボックス、男性財団、コーロンインダストリーFnC部門、慶南工業、アルファテック、振付創作家協会の後援で行われた。 2022. 9. 17オリンピック公園チェ・スンソプ記者 [email protected]

チャンネルA「青春スター」に出演して話題を集めたシンガーソングライターキム・ジョンハンは「サンドバック」を熱唱、感性満載の秋夜舞台を完成した。キム・ジョンハンは、「私を初めて見ている方々もマンハルようだ。 「サンドバック」という曲を用意したが、気に入ったら皆さんのプレイリストにぜひ保存お願いする」という風を語った。

昨年3月にデビューした新人グループナインアイも舞台に上がった。デビュータイトル曲「Parallel Universe(パラレルユニバース)」と「ビューティーインサイド」の舞台を相次いで広げ、新人らしくない巧妙なパフォーマンスで視線をひきつけた。

レンジディが17日、ソウルオリンピック公園平和の広場で開かれた2022第6回大韓民国青年の日コンサートで公演をしている。一方、2022第6回大韓民国青年の日祭りは、青年と未来、スポーツソウル、グッドモーニング経済が主催し、国務調整室、教育部、外交部、統一部、国防部、行政安全部、文化体育観光部、産業通商資源部、保健福祉部、雇用労働、女性家族部、国土交通部、中小ベンチャー企業部、ソウル特別市、釜山広域市、ソウル特別市議会と大韓十字社、韓国青年企業家庭新財団、K-ICT創業メンタリングセンター、韓国産業安全保健公団、ワッフルステイ、SKT、BNK釜山銀行、大英債費、マナグループコリア、右手、ロカモビリティ、サンドボックス、男性財団、コーロンインダストリーFnC部門、慶南工業、アルファテック、振付創作家協会の後援で行われた。 2022. 9. 17オリンピック公園チェ・スンソプ記者 [email protected]

片手2022第6回大韓民国青年の日祭りは青年と未来、スポーツソウル、グッドモーニング経済が主催し、国務調整室、教育部、外交部、統一部、国防部、行政安全部、文化体育観光部、産業通商資源部、保健福祉部、雇用労働部、女性家族部、国土交通部、中小ベンチャー企業部、ソウル特別市、釜山広域市、ソウル特別市議会と大赤十字社、韓国青年企業家庭新財団、K-ICT創業メンタリングセンター、韓国産業安全保健公団、ワッフルステイ、SKT、BNK釜山銀行、大英菜費、マナグループコリア、右手、ロカモビリティ、サンドボックス、男性財団、コーロンインダストリーFnC部門、慶南工業、アルファテック、振付創作家協会の後援で行われた。

[email protected]
写真|チェ・スンソプ記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!