>

コメディの味がしっかり通じた。

映画振興委員会映画館入場券統合計算網によると、16日から18日までの週末3日間、ボックスオフィス1、2位は先週と同様に「共助2:インターナショナル」(以下「共助2」・イ・ソクフン監督) )、「ユクサオ(パク・ギュテ監督)」が占めた。

「共助2」は91万6327人を集め、累積観客数473万2461人を記録し、「陸沙」は12万1996人を動員して累積観客数183万7660人を示した。損益分岐点を熱く渡した二つの作品はそれぞれ500万人と200万新しい記録高地を目の前に置いており、気持ちの良い興行レースを続ける見通しだ。

ただ、同じ週末といっても、秋夕連休があった先週に比べて劇場を訪れた観客数は半分になった。先立って9日から11日まで全国276万3709人の観客が劇場に足を踏み入れたのに対し、今週は122万5826人が劇場を訪れた。新作の不在も影響を及ぼしたようだ。

5年ぶりの続編「共助2:インターナショナル」は、グローバル犯罪組織を捕まえるために再び会った北朝鮮刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)と韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)、ニューフェイス海外派FBIジャック(ダニエル・ヘニー)まで、各自の目的で団結した刑事たちの予測不可の三角空調捜査を描いた映画だ。コメディーとアクションの絶妙な調和とともに雪湖川を歌う「ビジュアル映画」として脚光を浴びている。

‘陸サオ’は風に乗って軍事境界線を越えてしまった57億1等ロトをめぐる南北軍人らのコミック接線劇を描いた作品だ。コ・ギョンピョイ・イギョンを筆頭にミュームソク・パク・セワン、クァク・ドンヨン、イ・スンウォン、キム・ミンホなどが熱演、確定して笑うのに成功してびっくり興行腹病になった。

「空調2」と「ユクサオ」の後に続くアニメ「劇場版ママカトリ:都市に行ったカトリ家族」と一緒に「ハント」「トップガン:マーベリック」「アラジン」など長期興行が際立つ作品と再開封作が後を継いで、抜けた映画の力を再び見せてくれた。

チョ・ヨンギョンエンターニュースチーム記者[email protected](コンテンツビジネス本部)


山口 建次

映画鑑賞が趣味です。 また、世界の多様な文化に大きな関心を持っています。 毎日新しいニュースをお届けします。