“> SBS MTV’The Show’放送画面キャプチャ

ガールズグループクラクシー(CRAXY)がより深くなったダークカリスマでステージを掌握した。

スアンは20日に放送されたSBS MTV「The Show」に出演し、3番目のミニアルバム「WHO AM I」のダブルタイトルであり、後続曲「REQUIEM(レクイエム)」のステージを披露した。

クラクシーは前日放送されたアリランTV「シンプリケーポップ」で「Butterfly(バタフライ)」と「REQUIEM」のステージを連続して披露し、反転魅力をプレゼントした。 「Butterfly」を通じては感性的ながらも爆発的な歌唱力を披露し、「REQUIEM」の舞台では様々なパフォーマンスを休むことなく広げて圧倒的な掌握力を立証した。右のクラクシーは、クラクシー湾のファンタジー世界観とダークカリスマを高める制服スタイリングとメイクで登場した。十字架を形象化したパフォーマンスで始まりを知らせたクラクシーは「救い」、「参会」のメッセージが込められたパフォーマンスで没入度を高めた。神に祈る姿や鏡に映った自分の堕落した姿を見て絶叫するようなパフォーマンスがミュージカルのような感じをプレゼントした。あふれるポーズをとり、団体で大きくハートを作って多彩な魅力を見せた。サウンド、リフレッシュが強烈なドラムサウンドが引き立つエレクトリックポップジャンルだ。タイトル曲「UNDERCOVER(アンダーカバー)」が堕落についてのメッセージを描いたら、「REQUIEM」は参加と救いを願う内容を込めた。

グループクラクシー(CRAXY)がより深くなったダークカリスマでステージを掌握した。クラクシー(ウア、チャイ、カリン、ヘジン、スアン)は20日に放送されたSBS MTV「THE SHOW」に出演し、3番目のミニアルバム「WHO AM I(フエムアイ)」

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!