グループ防弾少年団がアメリカのビルボードチャートで良い成績を続けている

少年団のアンソロジーアルバム「Proof」はメインアルバムチャート「ビルボード200」で90位を占め、14週連続チャートインした。

また「Proof」のタイトル曲「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」は「ワールドデジタルソングセールス」チャートに5位に再入った。

防弾少年団は元世界200以上の国/地域のストリーミングと販売量を集計して順位をつける「グローバル200」と「グローバル(アメリカを除く)」チャートに複数の曲を載せた。

Dynamite’が124位、’My Universe’が132位、’Butter’が196位に上がり、’グローバル'(アメリカを除く)’では’My Universe’が83位、’Dynamite’が92位、’Butter’が134位上に位置した。

防弾少年団は個々の活動でも良い成績を続けた。

ジョングクとチャーリー・プスのコラボ曲「Left and Right(Feat. Jung Kook of BTS)」は、メインシングルチャート「ホット100」で41位で12週連続チャートインした。この曲は「アダルトポップエアプレイ」13位、「ポップエアプレイ」14位、「ラジオソング」30位、「デジタルソングセールス」32位、「グローバル」(アメリカを除く)33位、「カナダホット100」 「34位、「グローバル200」、37位など多数のチャートにランクされた。プレイ’27位、’グローバル'(米国を除く)108位、’グローバル200’117位に安着した。 RMがフィーチャリングに参加したバーミングタイガーの「セクシー感(feat.RM of BTS)」は「ワールドデジタルソングセールス」チャートで9位を占めた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!