グループBLACKPINKの正規2集タイトル曲「Shut Down」人気突風が続いている中、高品質YouTubeコンテンツで良い反応を得ており注目される。

20日、YGエンターテイメントによると、BLACKPINKの「Shut Down」振付映像は現在2000万視聴数を突破した。ミュージックビデオの人気を超えた「How You Like That」の振付映像と同様の増加推移で、もう一つの記録更新が期待される。最も多く見たビデオ(Most viewed videos in the past 24 hours)’1位を占めた。公式ミュージックビデオ(3位)を追い越すなど熱い人気で自己競争まで繰り広げているわけだ。ミュージックビデオに入れられなかった振り付けの魅力ポイントと多彩な動線、メンバーたちの密度の高い魅力までそっくり溶けて音楽ファンの心をひきつけた。過去の音楽旅程を盛り込んで熱い呼応を得ている。’口笛’の地球、’火遊び’のマッチ、’Kill This Love’車両シーン、’トゥドゥトゥドゥ(DDU-DU DDU-DU)’のタンクなどヒット曲を代表するオブジェを積載適所に活用した。

ブラックピンクのこれまで成長の物語を思い出させることはもちろん、彼らの音楽といつも一緒にしてきたファンに特別な感動をプレゼントしたという反応。アメリカのビルボードは、各オブジェとその中に込められた意味を振り返る特集記事を出し、「ファンに目が離せない楽しさをプレゼントするゲーム」と好評した。 PINK’で各種グローバルチャートで強大な地位を誇っている。このアルバムは、iTunesのアルバムチャートで米国と英国を含む54カ国1位を席巻し、アップルミュージックアルバムチャートでも64カ国のトップに上がった。タイトル曲「Shut Down」は、世界最大の音楽ストリーミングプラットフォームであるスポーティファイで発売初日のデイリートップソンググローバルチャート1位に入った後、3日連続でトップを維持している。/[email protected]

[写真] YGエンターテイメント提供

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!