ブラックピンク・レッドベルベットなど… 「新しくて中毒性の強い魅力」
「おなじみのメロディーで大衆と素早く接続…独創性が足りない時は、クラシックメロディーだけ浮き彫り」

ブリックピンク’シャットダウン’
(ソウル=ヨンハップニュース) 写真は2022.9.18 [YGエンターテイメント提供。再販売とDB禁止] [email protected]

(ソウル=ヨンハップニュース) K-POPヒット曲が注目を集める。協奏曲第2番「ラ・カンパネラ」(La Campanella)をサンプリングした曲だ。それぞれのハスキーやアピールの濃い声をつけて積み重ねて一味違った感じを出した。 「デイリートップソンググローバル」チャートのトップに上がった。

メンバーリサは最近書面一問一答を通じてこの曲を置いて「録音室でみんなで集まってデモ曲を聞いたが、導入部が流れるとメンバーたちはみんな何も言えず見つめて見た」とし「お互いの目つきを’これはタイトル曲だ! 「これまでブラックピンクが着実に披露してきたカリスマを次の段階に持ち込んだ曲」とし「クラシックとトレンディなヒップホップビートの調和が印象的で新しくながら中毒性強い魅力がある」と「ラ・カンパネラ」を借用効果を紹介した。/p>

レッドベルベット’ドリームコンサート来ました〜’
(ソウル=ヨンハップニュース) カン・ミンジ記者=グループレッドベルベットが18日午後ソウル蚕室総合運動場主競技場で開かれた’第28回ドリームコンサート’レッドカーペットイベントでポーズをとっている。 2022.6.18 [email protected]

ガールズグループレッドベルベットも今年3月バッハの「G線上のアリア」をサンプリングしたポップダンス曲「フィルマイリズム」(Feel My Rhythm)を持ち上がって音楽的変化を図った。 「フィルマイリズム」はメンバーたちの新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の確定で放送活動に支障をきたしたにも音源チャート最上位圏に上がって人気を集めた。

懇談会でこの曲を置いて「レッドベルベットのクラシックでエナジーで挑戦的なカラーを見せる良い曲」とし「「G線上のアリア」がおなじみの曲であるだけに、春によく似合う暖かくエレガントな歌」とわかった。 p>

ウェンディも「バッハの「G線上のアリア」をサンプリングしておなじみながらも新しい感じを受けることができる」と分析した。の「光」(ベートーヴェン交響曲第9番「歓喜の歌」)、神話の「T.O.P.」(チャイコブスキー「白鳥の湖」)など、様々なクラシック名曲を現代的に再解釈したりもした。外にMnetヒップホップコンテストプログラム「Showmi The Money 8」出身の少年ラッパーで厄介なミュージシャンに成長したビッグナティは、今年6月に2番目のミニアルバムのタイトル曲「ロマン交響曲」で特定のメロディをサンプリングしなかったが、歌の前にクラシックな雰囲気を与えた。 。歌詞にもバッハ、ショパン、ブラームス、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンなどクラシック巨匠の名前を並べて登場させた。今回はロマン主義時代のミュージシャンたちを探してみた”と”既存の古典的な形式にロマンチックな色彩を加えた音楽が私と似た色だった”と話した。

ビッグナティ
[ハイアミュージック提供。再販およびDB禁止]

また、「ロマン交響曲」には弦楽器などクラシックで使う楽器がたくさん出てくる」とし、交響曲が3楽章以上になっているように、「ロマン交響曲」では私をはじめとし、パク・ジェボムなど3人のパートを行くたびに楽章が越えるように変奏にもなる」と紹介した。チョン・ミンジェ大衆音楽評論家は「クラシック音楽を持って使えばおなじみの旋律だから当然(一般)新曲に比べて素早く大衆と接続できるというメリットがある」としながらも「曲のオリジナル性(独創性) )と魅力が足りないと、かなりクラシック旋律につかまって食べられる。これを生かすのは難しいのでクラシックサンプリングより大衆音楽同士のサンプリングが多いのだ」と分析した。’は歌を通して’ラ・カンパネラ’のメロディーを繰り返すが、これがあまりにも強烈だとブラックピンクがむしろ押される感じもある”とし”特にメロディー中心ではないビートとラップが中心となったヒップホップ曲で”ラ・カンパネラ”の強烈なメロディーと勝負を見てみると、不協和音が負う感じも強かった」と残念な点を挙げた。新しくながら中毒性強い魅力 おなじみのメロディで大衆と素早く接続…独創性不足の時はクラシックメロディーだけ浮き彫り 今年に入って大衆的に馴染みのあるクラシック名曲をサンプリングしてお馴染みと優雅さ2匹のウサギ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!