歌手ジコがガールズグループ対戦の中の清日店として強大な存在感を立証した。 ZICO)(Feat。Homi)「音源を発売した。威権に安着した。

国内最大音源サイトメロンメインチャートである「TOP 100」チャートでは20日午後基準3位(自体最高記録)に上がった。ある清日店になった。ジコ「セピング」を除いてはすべてアイブとブラックピンク、ニュージンス、少女時代、WSGワナビーなど実力と人気を兼ね備えた女性歌手たちの新曲だ。

上に進入した後、着実な上昇傾向に基づいて、19日の日刊チャートで自身の最高順位4位を記録した。メロン週間チャート(集計期間9月12~18日)では全州比30階段上昇した6位に上がった。

ジコは14日、個人SNSアカウントに「サプン」ダンスチャレンジ映像を公開し、音源性的上昇の勢いに感謝することを表した。

ジコは新曲で再度音源チャート最上位圏を占領し、「セピング」に盛り込んだメッセージも身体証明した。ジコは新曲の作業過程でトレンディなメロディーに「私はサプ/11年目のfreshman」、「The king is back/再び「コ」市国」など歌詞を書き下ろした。ミュージシャン・ジコの個性だけでなく、リズムに合わせて踊るすべてのダンサーたちの個性は時代に乗らないという歌詞は「スマン派」出演者を越えて視聴者たち、音楽ファンの間でドゥルル共感を呼び起こした。

歌手兼プロデューサーとして2幕も大きく開いた。 2020年7月に発表した3枚目のミニアルバム「RANDOM BOX」(ランダムボックス)を最後に入所したジコは、今年4月に招集解除され、音楽活動を再開した。 7月27日に発売した4枚目のミニアルバム「Grown Ass Kid」(グローンアスキッド)も発売した。

歩みがまたどんな音楽と舞台に戻ってくるか注目される。ジコは9月6日に直接プロデュースしたMnetダンスサバイバルバラエティ番組「ストリートマンファイター」ミッション曲「サプ(Prod. ZICO)(Feat.Homi)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!