w540″>

[ニュースエンファン・ヘジン記者] 英国著名な音楽専門誌NMEがグループNCT 127(エンシティ127)の正規4集アルバム「疾走(2 Baddies)」について好評した。

NMEは9月20日(現地時間)公式ホームページを通じて「NCT 127正規4集『疾走(2 Baddies)』、自分たちのネオハン色に挑戦を続ける」というタイトルの記事を掲載してNCT 127のNMEは、「NCT 127は、K-POP領域内で自分だけの色であるネオラのジャンルで有名で、常に強大な抱負を持つジャンル開拓者として頭角を表している。正規4集も彼らの色を続けており、アルバムの裏面にはNCT 127の新しい時代が開かれることを暗示する波が起こっている」と報じた。でボーカリストとラッパーはパワフルで隙間のないビートと最高のシナジーを発揮する。各メンバーは3分余りの時間の間に自分の魅力を確実に見せ、これはグループのカリスマに凝集される」と伝えた。 「疾走(2 Baddies)」は自分たちだけのジャンルを続けようとする試みであり、NCT 127が正常軌道に上がっていることを最も確実に証明するアルバム」と付け加えた。

21日午後10時、YouTubeのNCT 127チャンネルを通じて新曲「疾走(2 Baddies)」の2番目のパフォーマンスビデオを公開する。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!