大韓民国モダンロックの代表走者であり、インディ第1世代バンド「Huckleberry Finn(イ・ギヨン、イ・ソヨン、成長ギュ)」が7​​番目の正規アルバムを9月22日公開する。 2018年ハックルベリピン6集<オーロラピープル>以後4年ぶりの正規アルバムだ。デビュー以来、これまでハックルベリピン音楽に流れていた叙情性をそっくり込めながらも、コロナなどで疲れてしまった世界を慰めて励ますメッセージを忘れなかった。この収録された。その中でタイトル曲としては「Tempest」、「赤道黒鳥」、「雪」の合計3曲が選ばれた。ハックルベリピンは固有のサウンドに同時代的な感覚を加え、幅広いスペクトルの音楽を披露することが強み。特に’Tempest’と’赤道黒鳥’ではバンドのアイデンティティを盛り込んでトレンディな音楽を試みようという意図がそっくり明らかになる。とずっしりとしたビートが目立つ。まるで暗い夜が夜明けの光で明るくなるように、暗い過去から抜け出して自ら望む人生に変化する過程がしっかりとしたサウンドで満たされる。夢幻的な雰囲気の中に懐かしさの情緒を込めた。都市的なビートは最後まで爆発せず、ギリギリの緊張感を呼び起こす。歌詞に耳を傾けてみると、黒と赤が対比される絵画や映像が浮かぶほど想像力が極大化する。ソ・ジョンミがいっぱいのハックルベリピンの曲はいつも「音楽界の文学作品」という賛辞を受けたが、「赤道黒鳥」も繊細なサウンドに流れる感性的な歌詞が聞く人々を魅了する。 「目」は今回の正規アルバム発売に先立ち、今年6月にシングルで公開したことがある。 「目」はハックルベリピン特有の感性的な言語で慰めのメッセージを盛り込んだ。 「疲れてしまった人々を包んで抱きしめて慰める歌」とハックルベリピンは紹介した。 「私はあなたの眼差しの中で夜を忘れた悩みを揺るがす時間が今は感じることができます。 「あなたのそばに立っているのが一人であるという寂しさをもう感じないように」では、ハックルベリピンの本気が伝わる。 「金星」は気候危機からインスピレーションを受けて誕生した歌だ。 「気候危機を解決できなければ、すぐに地球が金星のような温度(約250度)になるだろう」というスティーブン・ホーキング博士の言葉で着眼した。また別の曲「雨のように」は環境問題を盛り込んだ。 「今は息をするために多くが必要になりました。このすべて私たちの果てしない欲望が作ったこと」という歌詞は生存で迫ってきた地球温暖化や微細粉塵など環境問題を振り返ってみる。両曲ともメッセージはずっしりしかしメロディは軽快だ。ハックルベリピンのメンバーたちは実際に気候危機と環境問題に対する真心を曲に盛り込むためにタンブラーを使って使い捨て容器を使わないなど、実生活で小さなものから実践してきた。

「愛する友達、こんにちは私はあなたたちが知らないうちにしばらく地獄に行ってきた」という「愛する友達、こんにちは」として今回のアルバムに再発表され、象徴的な言語の中に深い苦悩を込めた。そのほかにもSunlight、ダウン、睡眠が破られる前など、様々な曲が上と克服、懐かしさという一つの話で調和すると同時に多彩なサウンドでアルバムを満たした。バンドとして正規アルバムを発売するということはバンドのアイデンティティを確認する次元で発売それ以上の意味を持つ。より高い完成度を持つ正規アルバムを出すためになんと4年という時間がかかった。サウンドの質的な側面から発展した姿を見せながら、より広いスペクトルの音楽を披露するために激しく悩んだ。長い時間待ってくれたファンに感謝を伝え、ハックルベリピンの今回の歌がどこかにいる誰かに少しでも慰めになってほしい気持ちだ」と感想を伝えた。は9月22日昼12時、各種オンライン音源サイトを通じて鑑賞できる。

ファンとの出会いも準備中だ。 11月12日、弘大の想像マダンでは、ハックルベリピンの<イエローコンサート>が開かれる。イエローコンサートはハックルベリピンの代表的なブランド公演で今年18回目を迎える。ハックルベリピンの音楽的世界観を最もよく具現する公演でありながらファンと最も近いコミュニケーションをとる舞台で、いつも最高のコンサートという賛辞を受けてきた。

ハックルベリピンは詩的な歌詞としっかりとした音楽的完成度で20年以上ファンを支持してきたバンドだ。正規1集と3集は「韓国大衆音楽史100代ミョンバン」リストに上がったりもした。

ソン・ボンソク記者バンド「Huckleberry Finn(イ・ギヨン、イ・ソヨン、成長ギュ)」が7​​番目の正規アルバムを9月22日公開する。 2018年ハックルベリピン6集オーロラピープル以降

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!