“>
“新郎授業”モテボムがイムサランを置いて”逃してはいけない女性”と言って愛情を表わした。

過去21日に放送されたチャンネルA「最近の男性ライフ-新郎授業(以下「新郎授業」)」33回では、「チカップル」モテボム♥イム・サランの「100日記念」夕方のデートと、会ってパパ授業を受けたパク・テファンと甥たちの話が繰り広げられた。また、シン・ボンソンは「イム・サランの男の子」であり、バレリーノのキム・ヒヒョン氏と漢江公園のデートを楽しんで、視聴者に代わるときめきを与えた。

ジャズバーに向かった。ジャズバーでイム・サランはピアノに座ってクモの「You are my everything」を演奏するかと言えば、自分で作った「100日ヒストリー」映像でムンクルなイベントをプレゼントした。これにモテボムは「私は本当の幸せな男」と涙を浮かべた。特にスタジオで、彼は「絶対にこの女を逃さないとは思わない」と告白して熱い応援を受けた。ペク・ドンスを最高値に引き上げた。また彼は親友パク・テファンを招待してイム・サランに紹介してくれるサプライズイベントを用意した。パク・テファンは最初は「私をなぜ呼んだの?特にパク・テファンが伝説の「チャバクデート告白」に言及すると、モテボムは「その時から私が変わり始めた。テファン、私は幸せだ!」と叫んで恋に落ちた姿を見せた。投げた。これにパク・テファンは「テボムが愛さんを気にしているようだ」としながらも、「テボムは冷たく難しい男」と耳打ちした。しかし、これを聞いたイム・サランは「私にはとても熱い男です」と話して現場を超土化させた。その後、パク・テファンは「チカップル」にビーチタオルとカップルの水着をプレゼントした後、カップルの写真まで撮ってくれて二人の100日を祝ってくれた。パク・テファンと彼の甥テヒXテはこれに会った。イ・スンチョルは「娘ウォンがパク・テファンに憧れてきた」と明らかにして雰囲気を温かくした。しばらくして、ウォンはパク・テファンと2人が体験ダイビングやフロギング(ジョギングしながら同時にゴミを拾う運動)をして幸せな時間を過ごした。そんな中、ウォンはパク・テファンに「以前にリズム体操選手を8年間したが、スランプが来て運動をやめた」と隠していた悩みを打ち明けた。これにパク・テファンは水泳高水叔父の「蒸した」助言でウォンイの心を多読してくれた。この時、テヒXテはこれはパク・テファンの短所を聞くと「お酒をたくさん飲む」と暴露したが、以内に「おじさんがプールを建てて遊んでくれたときありがとう」とレベルが異なるパク・テファンのイベントに言及してみんなをびっくりさせた。シン・ボンソンは「7歳年下」ソムナムキム・ヒヒョンさんと漢江公園デートを楽しんだ。この時、シン・ボンソンは「放送後、周辺で何と言う?」と石織りの質問を投げ、キム・ヒヒョン氏は「うまくいくかと聞く」と笑った。これにシン・ボンソンは「母は何と言われている?」と再度尋ね、キム・ヒヒョン氏は「「息子が大丈夫だと言えば大丈夫だ」と言われた」とし、自分の心を二重に表現してシン・ボンソンを「恥ずかしさ」モードにした。そんな中、キム・ヒヒョンさんはシン・ボンソンの口についたチキンを軽く拭いてくれるかと言えば「ずっと姉と呼ぶのは大丈夫ですか?」と尋ねた後、「サン様」という呼称をつけた。これにシンボンソンは「私の日様になってくれる?」と呼応、ロマンチックティキタカを爆発させた。誘発した。また、浮上するカップル「チューブスター」にも一緒に搭乗した。ここでシンボンソンは「私とあれば楽しい?」と尋ねるかと言えば、「私は回して話すれば分からない。あなたの心をよく分からない」と直進した。これにキム・ヒヒョン氏は「連絡をして過ごしているのか初めて会う時より楽だ。次回は夕暮れ時頃に来て、歯脈やワインはどうですか?」とアフターを約束して期待感を増幅させた。東亜ドットコムチェ・ユンナ記者 [email protected]


山口 建次

映画鑑賞が趣味です。 また、世界の多様な文化に大きな関心を持っています。 毎日新しいニュースをお届けします。