イ・ソンヒとYBが共にした「怒っているクジラの歌(Song of the Angry Whale)」キャンペーンソング「負けないという約束」の歌詞が話題だ。 「約束」はレジェンド歌手イ・ソンヒと国家代表ロックバンドYBが環境保護のための真正性で進められたコラボレーションで公開と同時に多くの音楽ファンの関心を集めている。

負けないという約束」はイ・ウンジュン詩人が作詞、ユン・ドヒョンが直接作曲した歌でYBならではのアコースティックなギターとピアノサウンドで進行され、澄んだきれいな地球の環境を象徴的に表現している。また、ユン・ドヒョンの柔らかく清潔な声とイ・ソンヒの淡々とした力強い歌唱は、海洋生物の痛みを補う感じに仕上がって聞く人々に濃い感動と余韻をプレゼントしている。

また海汚染の主犯人と参加を推進し、「地球の守護者」クジラ保護のために今は私たちが出なければならないというメッセージを盛り込んだカサマルは、二つのレジェンド先輩後輩の真正性あふれるボイスに加えられ、より大きな意味を伝えている。する君を知らなかったこと’、’私の話私の歌寂しいが’、’壊れるのに怖がる方法も知らなかったのは’、’もう私がもっと愛することができる’などの歌詞には海洋環境を守るという約束に対する強い意志を表明し、ある。続くサビコーラスのサウンドは、すべての海洋生物と人間が一緒にするという意味のある意味のSing-along(提唱)で仕上げられ、重要な名曲誕生が胸のムンクルさを抱いた。

だけでなく、 「怒っているクジラの歌(Song of the Angry Whale)」公式YouTubeチャンネルを通じて公開されたミュージックビデオは、2つのレジェンドの感動的なコラボ現場と壮大で美しいクジラの動き、小さな子供の涙、地球、放棄されたゴミなど、過ぎてきた環境の姿が込められており、深い響きを与えている。回復’しようはキャッチフレーズを持って’文化’というツールで繰り広げられるキャンペーンだ。社会貢献活動を主導する継ぎ目文化で企画しており、海洋水産部、環境部、文化体育観光部との協力をもとに、今後様々な活動を通じて文化的活動を通じて社会的価値を実現する計画だ。キャンペーン音源収益金は、韓国漁村漁業団を通じて海洋環境浄化活動に使用される予定であり、より大きな意味を持っている。

‘キャンペーンソング’負けないという約束’のガサマルが話題だ。去る19日公開されたキャンペーンソング「負けないという約束」はレジェンド歌手イ・ソンヒと

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!