写真=フィネーション歌手Crushが空白期を破って自身の時間を立証した。チャート1位をはじめ、国内主要音源サイトの最上位圏を記録した。 23日午前基準のiTunesトップソングチャートでブラジル、チリ、インドネシア、メキシコ、フィリピンなど41地域1位を占めた。また、米国2位、日本3位、イギリス4位を含む計68地域でトップ10に進入した。 「Crush Hour」が始まる」という意味を込めた。作詞、作曲、編曲など全体的なプロデュースはクラッシュが担当し、防弾少年団ジェイホップとフェノメコが作詞に参加した。ジェイホップはラップメイキング、フィーチャーリングとともにミュージックビデオにも出演して国内外の熱い呼応を引き出した。 tvN「驚くべき土曜日」、25日SBS「憎い私たちの子」と各種ラジオやYouTubeのコンテンツに出演して旺盛な活動に出る。

キムノを記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!