[ソウル=ニューシス]キム・ヒョンスクインターン記者=・=ニューシス]「インサイドリリックス」ネルキム・ジョンワン。 2022.09.22。 (写真=ワッチャ提供)[email protected] *再販とDB禁止5時に公開される「インサイドリリックス」4話では、キム・ジョンワンが2016年に発表したネルの正規アルバム「C」収録曲「イ・ミョン」についての話を伝える。

おもしろくて良かった、表現や特徴がよく現れている曲”として”耳鳴り”を挙げたキム・ジョンワンは周期的にふわふわ訪れる憂鬱で不安な感情に対する考えを話した曲だと明らかにする。引き続き感情は「感じるのではなく訪れると思う」と表現したキム・ジョンワンは「不安を感じたときに来る利点は、不安の要素が何なのかについて考えさせる」と感情が動揺する時がむしろ自分を詳しく覗くことができる時間という説明を付け加える。また、キム・ジョンワンが推薦したアーティスト・ライアンクラッド(Lionclad)が「耳鳴り」のサウンドが与える感情のエネルギーを新たに解釈し、MPC装備を利用した夢幻的で立体的なビートでカバーステージを飾る。

<一方「インサイドリリックス」はキムや作詞家ユン・ジョンシン、キム・ジョンワン(ネル・NELL)、タブロ(エピックハイ)、ソン・ウジョンア、ファン・ソユン(新少年)など5人のミュージシャンが分けた、歌詞その内面の話を扱う。また脚光を浴びている新進アーティストたちが原曲を再解釈して飾ったカバー舞台を通じて歌詞の意味を掛けてみる。来週の最後の回公開。 22日午後5時に公開されるインサイドリリックス4話では、キム・ジョンワンが2016年に発表したネルの

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!