ラフィルス・シャンティが22日午後、ソウル広津区建国大学新千年館大公演場で行われたミニ1集「ガールズラウンドパート1」発売記念ショーケースでポーズを取っている。今回のアルバムにはタイトル曲「グラタタ」をはじめ、「バーン・ウィッド・ラブ」(Burn With Love)、「クイーンダム」(Queendom)など5曲が収録された。/2022.09.22/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]
ラフィルス・シャンティが海外ファンミーティング所感を伝えた。 、ベシ)の新報『GIRL’s ROUND Part. 「発売記念ショーケースが開催された。」韓国語が慣れてきたが、フィリピンに行くと、周辺でフィリピン語だけでぎこちなく不思議だった」と回想した。

当時海外ファンミーティングには8千人のファンが集まって話題を集めた。シャナは「私たちを見にたくさん来てくれてびっくりした。フィリピンの放送も出てくれて感謝した。フィリピンのイロコス・スルジュのエンバーサーになった。タイトル曲「GRATATA」は、6人の少女の夢を装填して発射するという抱負を込めた曲だ。軽快なムンバトンリズムに中毒性あふれるリフレッシュを加えたダンスポップで曲の途中挿入されたインド風リードが耳をひきつける。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!