オ・ユンジュ記者] 「舞台立ては味を知ってしまいました。」 22日午後、ソウル広津区建国大学新千年館大公演場でラフィルス初のミニアルバム「ガールズラウンドパート1(GIRL’s ROUND Part.1)」発売記念メディアショーケースが開かれた。ヶ月ぶりの超高速カムバックだ。デビュー曲「ヒッヤ!(HIT YA!)」で強烈で堂々とした抱負を投げたラフィルスは今回のアルバムに一歩進んで6メンバーの「夢」を本格シューティング(Shooting)する計画だ。

ラフィルスは新人らしいフットフットさと当然で注目を集めた。夢だけのような「ヒッ!」デビューを振り返ったリーダーシャナは「デビュー曲で思ったより多くの愛を受けた。3ヶ月ぶりにアルバムを出してくれてとても幸せだ。ファンの方々に早く新しい姿を見せたかった」と話した。

続いて、ベシは「練習室で2ヶ月間「ヒッヤ!」だけ練習している。 p>

<5は高まる人気を実感したと明らかにした。最近フィリピンでプロモーションファンミーティングを行ったが、8000人の群衆が集まった。現地の人気に支えられ、ラ・フィルスはフィリピン・イロコス・スール州のエンバサダーに委嘱されるなどグローバルガールグループとしての活躍も予告した。 「このように人気が多いな」と驚いた」とし「韓国で1年間活動しながら韓国語が慣れてみるとフィリピン語がむしろぎこちなく感じられた。面白かった」と微笑んだ。

また、シャナも「フィリピンのファンの方々がたくさん来てくれてびっくりした。フィリピンの放送もたくさん出てくれて感謝し、今後も海外で活躍するにはもっと頑張らなければならないと思いました」と付け加えた。 >


タイトル曲「グラタタ(GRATATA)」は、6人の少女の夢を装填して発射するという抱負を込めた曲だ。軽快なムンバトンリズムに中毒性あふれるリフレッシュを加えたダンスポップで曲の中途半端なインド風リード要素が際立つ。特に機関銃を撃つような音からインスピレーションを受けて表現した擬声語「グラタタ」は「R」の発音を強化して強烈なインパクトと楽しさをプレゼントする。メンバーたちは短い時間内に変わった振り付けを覚えなければならず、体力的に容易ではなかったと明らかにした。ベシは「正直に言えば大変だった。お見せしたい気持ちがあった”と話した。

=w540″>
セイン最年少アイドルタイトルを持っている。若い女の子のようだが舞台に上がればカリスマで武装して’反転魅力’を披露した。ハウンは「デビューの時はカメラを探すのもうまくできず、舞台だけに上がれば緊張になった。もう少しずつ簡単になっていて、舞台上がるときに「面白いだろう!」という気持ちがある」と笑った。のアイデンティティに関して「私たちみんな幼い頃にデビューして歌手という職業夢を叶えた。頑張ればいいという希望をお見せしたい。すべての方々が自信を持って夢を育てて叶えてほしい」と話した。

一方、書院は今回の活動の目標として「オンリーワンアイドル」を挙げた。 「まだ私たちの個性をあまり見せてくれなかった。もっと見せてラフィルスすると、「これだ」という言葉が浮かぶことが私たちの目標」と説明した。

“曲「グラタタ」をはじめ、ダブルタイトル曲であり、燃える愛を歌った「バーン・ウィット・ラブ(Burn With Love)」、抜け出せない魅力のラフィルス王国に招待する「クイーンダム(Queendom)」、そしてデビュー曲「ヒッヤ!」まで5トラックが盛り込まれた。 p>

この日午後6時公開。

[写真=MLDエンターテイメント提供]

味を知ってしまいました。ガールズグループラピルス(Lapillus)が帰ってきた。 22日午後、ソウル広津区建国大学新千年館大公演場でラフィルス初のミニアルバムガールズラウンドパート1(GIRLs ROUND Par

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!