ハギョンとカン・ミヨンが甘いデュエット曲に戻ってくる。 >公開を控えて発売される’昼と月’のOST’彼女が’は俳優テギョンとグループベビーボックス出身カン・ミヨンの甘美な声を込めた。’昼と月’の主題曲である’彼女が’は恋に落ちた男女のときめきは感情をハギョンとガンミヨンの甘い声で表現した曲で、目の前に描かれるような実感する歌詞と和音が調和して聴く人の心までドキドキハギョンはドラマ「マザー」、「私のIDは江南美人」、「飛んで開川用」出演、公開予定の映画「誕生」ストリーミングキャスティングを務め、活発な活動をするのはもちろんミュージカル「ママ、ドンクライ」、「ロッキーホラーショー」を通じて爆発的な歌唱力を披露したことがある。彼が今回の「昼と月」OSTでは、映画の中で済州島の風景と合う感性満載のボーカルをプレゼントする。映画の中では景色(チョン・ヨンソプ)が生前にミンヒのために歌ってくれたラブソングであり、テギョンが一番好きな歌で登場して予測不可縁の糸口をプレゼントするハイライトシーンに挿入された。 「彼女が」のほかに皆が率直になる一人の夜明けの時間、愛した人を考えて揺れ動く心を込めたソロ曲「夜明けに書いた手紙」は、ハギョンが直接作詞して驚くべき音楽的能力をプレゼントする。

一方、今回のアルバムを総指揮したプロデューサー表昌勲音楽監督はチェ・ベクホ、イ・ウンミ、ウンサンなど実力派歌手たちのアルバムをプロデュースしてミツエイ出身樹脂が歌って話題になって最近ウェブトゥーン’イドゥナ!'(作家ミンソンア)OST (ラブリーズ・ケイ)でリメイクされた「涙が多くて」の作曲家だ。月は世界を去った夫の初恋に出会ったミンヒ(ユダイン)と初恋の妻に会った牧下(チョ・ウンジ)、最も遠くて近い二人の女性が出会い、押して押される関係を築く話を描いた。来る10月公開する。 イェジュジュオンライン記者 [email protected]

本日(23日)午後6時、映画「昼と月」のOSTアルバムが電撃発売される。公開を控えて発売される「昼と月」のOST「彼女が」は俳優のテギョンとグループベビーボックス出身のガンミー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!