[日刊スポーツ イセビン]
type=w540″>写真=KOZエンターテイメント提供歌手兼プロデューサージコが’11年目フレッシュマン’らしい存在感を表わしている。ジコがプロデュースしたMnet「ストリートマンファイター」のミッション曲「セピング」が22日、日刊チャート1位を達成した。同曲は6日、日刊チャート36位に入った後、口コミに乗って1位に上がった。また、去る23日午後11時と24日0時メロンTOP100チャート1位に上がり、13日午前9時バックスリアルタイムチャート2位を占めた後、現在の順位を維持中だ。これは歌謡界を強打したガールズグループの熱風を貫いて収めた成績という点でさらに注目を集める。また、ジコは日本最大の夏祭り「サマーソニック」(SUMMER SONIC)の「パシフィック」(PACIFIC)ステージヘッドライナーとして参加したことをはじめ、音楽フェスティバル「ハウスオブワンダー」(HAUS OF WONDER)、国内最大ヒップホップフェスティバル「ヒップホッププレイヤフェスティバル2022」(HIPHOPPLAYA FESTIVAL 2022)に相次いで招待され、公演強者として活躍した。

ジコは来月にも「2022現代カードダヴィンチモーテル」、「2022ジャイブスーパーライブフェスティバル」(2022 JIVE Super-Live FESTIVAL)、「2022アサムミュージックフェスティバル」(2022 AWESOME MUSIC FESTIVAL)舞台に上がる計画だ。

だけでなく、来る29日カムバックを控えたラッパービオの新報フィーチャリングに参加するなど活動半径を広げている。

このようにジコは軍白期後に休む隙間のない活動で健在さを立証した。 「私の個性は時代を打つ」という「セピング」の歌詞のように、自分の色の確かなジコの今後の歩みに帰りが注目される。歌手兼プロデューサーのジコが「11年目のフレッシュマン」らしい存在感を表わしている。ジコがプロデュースしたMnet「ストリートマンファイター」のミッション曲「セピング」が去る22日、ジニー日刊チャート1位を達成した。その曲は6日です。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!