グループストレイキッズがデビュー5年ぶりに愛歌をタイトル曲として掲げた。初心を失わずに変化と成長を重ねるという覚悟だ。

“>

7日午前、ストレイキッズ(バンチャン、リノ、チャンビン、ヒョンジン、ハン、フィリックス、スンミン、アイエン)の新しいミニアルバム「MAXIDENT」(マキシダント)発売記念記者懇談会がオンラインで進行

新報「マキシダント」は、名「最高の」、「最大の」という意味の英単語「Max」、「Maximum」と「偶然の思考」、「事件」という意味の「Accident」 、「Incident」を結合した合成語として予告なく迫った「大型事件」を意味する。

7日基準の予約注文数量237万枚を超え、独自の最高記録を乗り越えたストレイキッズ。ダブルミリオンセラーを予約し、昨年発売した「オーディナリー」でビルボード200 1位を達成したのに続き、もう一度目を見張るほどの成長を成し遂げた。結果を受けたようだ」とファンにボールを回した。心を着実に維持している。誰が体調が良くなくても一緒に盛り上げてくれて感謝して楽しむ心でスケジュールを熱心に消化している”と答えた。

次世代ボーイズグループとして評価されることに対する感想も伝えた。スンミンは「音楽を愛する心を失わない。素晴らしい先輩たちがたくさんいらっしゃいますが、良い姿を学びながら肯定的に成長している。良い影響を共有するグループになりたい」と話した。

今回のタイトル曲「CASE 143」(「ケース143」)は、ストレイキッズがタイトル曲では初のラインを見せるラブソングだ。初めて感じる感情に混乱した心を「事件発生」にたとえたり、「143(I LOVE YOU)」というコードで愛を分析するなど、新鮮な話法と機知が際立つ。

チャンビンは「以前の収録曲にも穏やかな愛歌が多かったが、今回のパフォーマンスとスケールが大きな愛歌を作ろうとして作ることになった”と説明した。イメージが浮かび上がるのではないか。そのイメージに合うことができる愛をどのように表現するか悩んだ。また、録音して表現を集中的に努力した。メンバーたちが表現をとてもよくしてくれて、成長した感じがする」と自平した。バンチャンは「負担はいつもある。ファンにこのような姿を見せたくて、負担を刺激と考えてより一生懸命になる。私たちも知らずに少しずつ成長し続けている」と話した。

JYP首長パク・ジンヨンプロデュースチャンビンは「パク・ジニョンプロデューサー様が成績や成果に重点を置いて話したほうではないが、「安住して自慢しないほど発展する姿が幸いで嬉しい」と言ってくれた。

「自慢せずに成長する」ストレイキッズに初心についての話も聞くことができた。アイエンは「音楽への愛と情熱が私たちの初心」と紹介した。他のメンバーたちも口をそろえて「初心をいつも失わないように話す」と話した。

ストレイキッズは、2番目のワールドツアー「Stray Kids 2n​​d World Tour「MANIAC」」(ストレイキッズ2番目のワールドツアー「マニアック」)の追加公演を繰り広げる。全世界16都市、計34回歴代級規模のワールドツアーを展開し、さらに多くのグローバルステイ(ファンダム名:STAY)と特別な思い出を築く予定。 2022年はもう一つの始まりだと思う。会えなかったファンたちに会いに行くからたくさん待ってほしい」と呼びかけた。見せたい、「こんな色も消化できる」ということを見せてあげたい」とし「今年達成したい「大型事件」では独自の新記録更新だ。デビューからアルバムごとに私たちの成績を少しずつ超えて成長し、あるが、一歩ずつ上がり、より高い新記録を立てたい」と希望を伝えた。オンライン音源サイトで発売される。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!