グループ・ストレイ・キッズが格別な抱負を見せた。現場にはストレイキッズのメンバービョンチャン、リノ、チャンビン、ヒョンジン、ハン、フィリックス、スンミン、アイエンが参加し、アナウンサーキム・ミンジョンが社会を引き受けた。

「夢の舞台」と呼ばれるKSPO DOMEで単独コンサートを盛り上げた。彼らは11月にインドネシアのジャカルタを皮切りに、タイのバンコク、シンガポール、オーストラリア、マルボルン、シドニー、アメリカ、アトランタ、フォートワースなど海外主要都市で単独コンサートを行っている。

してくれて感謝した心だ」と話した。彼は「ステイたちにたくさん会うことになって自信ができました。舞台を通じて、スキッズならで​​はの風変わりな姿を見せる方法を見つけた」と話した。来年2月、メルボルンとシドニーで2回の公演を追加で開き、ワールドツアーを続ける。 リノは追加公演の差別点について語った。彼は「公演はいつも些細な物足りなさがたくさん残る」とし「このような部分を補完してより良いストレイキッズだけの姿をお見せする」と話した。続いて「私たちの体力ももっと管理して、活魚のように飛び跳ねるスキッズを見せてあげる」と付け加え、現場を笑い海にした。タイトル曲「CASE 143」(ケースワンポスリー)を発売し、約7ヶ月ぶりに華やかにカムバックする。

抱負を見せた。 7日、ストレイキッズ(Stray Kids)の新しいミニアルバム「MAXIDENT」(マキシダント)発売記念オンライン記者懇談会が開かれた。現場にはストレイキッズのメンバービョンチャン、リノ、

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!