写真=GOODSENエンターテイメントグラミーがジェイフラ(J.Fla)と共にしたスペシャルコラバーステージを公開した。

アメリカグラミーレコーディングアカデミーは2日(韓国時刻)ジェイプラとコラボレーションした「Grammy ReImagined at Home」シリーズの新しい舞台を公開し、グローバル音楽ファンを魅了した。国内女性ソロアーティストがこのシリーズに参加したのはジェイプラが初めてだ。

ジェイプラは、Ed Sheeranの「Bad Habits」(Bad Habits)をユニークなトーンで魅了しました。グラミーは「ジェイプラが多彩な音域を誇った。衣装と雰囲気で特別な要素を追加して曲の魅力をさらに活かした」と評価した。

「グラミー・リイマジンド・アット・ホーム」は、アメリカのレコード業界最高の権威を誇るレコーディングアカデミーで進行するシリーズだ。トップクラスのグローバルアーティストたちがグラミーアワードの受賞曲または候補曲を再解釈して熱い反応を得てきた。

ジェイプラが今回歌った「バッド・ハビット」は、英国Official Charts 11週連続1位、スポーティファイ12億ストリーミングを突破し、「第64回グラミーアワード」で今年の歌候補に上がった曲だ。エド・シランのパワフルなスタイルでシンドロームを起こした曲がジェイプラの甘い声を通じて新しい感性を着た。この日公開されたパフォーマンスには黄色の風船が登場、原曲’バッドハビット’ミュージックビデオとジェイプラの連結されたコードを象徴した。

グラミーとコラボレーションで全世界大きな注目を集めたジェイプラは来る11月に新しいシングルを発売し、シンガーソングライターとして歩幅を広げる。

イ・ドクハン記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!