[日刊スポーツ博士]
11/02/0003238538_001_20221102175301350.jpg?type=w540″>写真=YouTubeローリングストーンキャプチャグループ防弾少年団リーダーRMが責任感に対して率直な心境を打ち明けた。

米国音楽専門メディアローリングストンは1日(現地時間)パーレル・ウィリアムズとRMの出会いを報道した。 RMはパーレル・ウィリアムズの新曲作業を終え、この曲はパーレル・ウィリアムズの新報「フレンズ」(Phriends)に収録される予定だ。

この日、RMは「私が防弾少年団としてデビューしてから10年になったようだ。私はラッパーで作詞家として私のキャリアを始めました。 Kポップはミックスとも同じで(これを受け入れるのが)難しい部分であり、それなりに長所と短所もあるようだ」と話した。

続いて「10年間チームリーダーとして活動したが、しばらく止まって何が起こっているのか考えてみたかった。私がなぜこの仕事を始めたのか、生涯音楽をすることに決めたのかを考え、ソロアルバムに集中した」と打ち明けた。

写真=YouTubeローリングストーン日発売予定のソロアルバムの準備に拍車をかけている。彼は「アルバムの作業は90%ほど終えた。これまでミックステープをいくつか出したが、それは実験だった。今回が私の公式的な初のソロアルバム」と話した。残りの10%のうち、本人が助けることがあるかというパーレル・ウィリアムズにRMは「15年間、いつもあなたが必要だった」と答えた。

国連総会での演説についても言及した。彼は「国連にも行き、ジョー・バイデン大統領も会った。このようなことが起きるとは想像もできなかった」とし「私がすべての責任を負う資格があるかどうか疑って、本当に混乱していた。 「私が外交官なんだ」という考えも聞いた」と微笑んだ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!