=w540″>音楽家自ら自分の音楽について書いた文は聞くほうがその音楽をより深く、しっかりと見守ってくれる。ロックバンドバドラムの場合、熱力学第2法則で扉を開いた「普遍的不安の歯下で残した数行の記録」を通じて自分たちの2枚目のアルバムを説明しているが、精読結果彼らの2集は恐怖と不安を両手に握って「無秩序を後ろに」したまま「生存レースの先頭に」スパイラル人類に関する話ほど解釈される。ここで人類は韓国人だと読んでも構わない。

だからこういう話だ。ヘビーな「Love、Lies、Bleeding」のような曲が代表するように、バドラムの2枚目のアルバムは誰も避けられない人生の重さ、誰にも少しずつはハンサムな現実、時間と空間または意識と無意識の境界で「今」を見つめる集団の自覚の程度を扱い、その中に閉じ込められた被支配者と弱者の連帯を励まし、彼らの知覺や参加を訴えるのだ。そのために、バンドは社会、宗教、哲学、文学的記述をハードロックとグランジという包括的なジャンルに盛り込んで11の具体的な声明(解明)で解き明かしたが、そこにはレイジー・オーゲンスト・ザ・マシンの「Born of a Broken Man」イントロを変奏したテーマの上に、レインステリー風ハミングを乗せた奇抜表曲「正午の時間」の新しいバージョン(Eternal Recurrence Version)も含まれている。素敵なロックバンドは、自分でユニークなムードを作り出したり、存在自体でオーラを醸し出したりしました。と憂鬱を強要しない。バンドはただ音楽を演奏し、音を叫ぶ自分たちのメッセージに共感する人々が濡れるように通路を開いたままにしただけだ。当然その通路は誰でも拒否することも排除することもできる。これは「恥は消えていった良心」という哲学的撤退をAC/DCとオーディオスレーブのグルーヴに半分ずつ載せた「半身」というトラックに、あなたが心を奪われてはいけないのはあなただけが決めることができるという話のようだ。いつかギタリストのマイク・ブルームフィールドが「苦しみはブルースの基盤」だったように、結局この音楽が目撃した世界の苦しみはすぐに聞く人々の役割ではなく、チームの中心でアルバムの核心を揺るがすブルーステクニション手紙ヒョ(その他)の分け前だ。ギタリストの手紙ヒョウの重量感は違う。彼はイントロとバス(verse)、バスとコーラス、コーラスとコーラスの間で時々ブルージーに(「被告」)、一方では眩しく(「半身」)曲ごとに自分だけの注釈を付ける。バドラムの音楽では、彼のソロは強烈な印章で一度、注意深く聞いた後、後でもう一度聞くべき真剣な下線として2回刻まれます。タフな「Chariot Race」のような曲が良い例だ。このバンドの完全な鑑賞のためにはボーカリストの移動元を必ず取らなければならない。強力で乙女年の、砂風のような野性のボイストーンを持った彼がシンガーとして撮っていた部屋は、実はフォーリナー(Foreigner)も泣いていくソフトロックコーラスとスティービーレイボンドの耳を傾けるちらっとしたブルースリックが正面に立ち向かう「被告」他にも濁ったシャウティングやその他の属州が治る「Rusted」で見つけるのがより容易だ。これはまるで蓮の花を意味する「Lotus」の詩的歌詞を飲み込んだイメージで吐き出したように、人工知能(AI)プログラムミッドジャーニー(Midjourney)を活用したジャケットアートワークのエキゾチックな広大さを人の声で聞く感じに近い。バドラムの移動源はサウンドガーデンのクリス・コーネルであり、ストーン・テンプル・パイロットのスコット・ウェールランドという。彼がなければバドラムもないという意味だ。ギターのユニゾンベンディングが破片のように点滅する’牡丹’を主導したキム・ソヨンの鈍重な思索は’半身’の後半部で再演された後’Lotus’で自由を得て演奏曲’Chariot Race’でさらに存在感を持つ。キム・ソヨンのプレーは、しばしばベースという楽器があると考えられる普遍的な特徴、すなわち「ある時はよく分からないと、目に見える」演奏の選考のように聞こえる。感動的なエンディング曲「Days of Being Wild」だけで、特に空間感が重要なバドラムの音楽でキム・ソヨンの役割は些細なことはできない。このようなキム・ソヨンのリズムパートナーであるドラマーチェ・ジュソンはゆったりと曲と共に歩くが一瞬風のようなフレーズを一群の後いつのまにかブレーキをかけてその風をほこり一つまで収め込んで曲に立体感を加える。彼は正直な4/4泊よりも輝く5/4泊を、澄んだ停泊よりもゆるいポリ&シェイクリズムをより好むような感じをアルバムが流れるずっと受けさせる。鮮やかさと緊張感というバドラム音楽の条件で、最主性の領域は決して狭くない。同様の文脈でミュージシャンは弦楽器と打楽器を演奏し、リスナーの想像力を映画で作り出す。バドラムはその映画がまさに私たちの現実であることを今回のアルバムで悟らせてくれた。

韓国大衆音楽賞選定委員
マイデイリー固定必進
ウェブジン音楽好みy必進

[写真提供=バドラム(BADLAMB)]

<(キム・ソンデ大衆音楽評論家[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!