俳優ユ・アインがイテウォン惨事に対する心境を伝えた。年をとるにつれて、時間は少しずつ違うように流れます。涙はもっとこっそり流れる。歳月が流れて、変わったことがある。分が冷えた時は習慣のようにガウンデング指を広げたが、今はしっかりと握った拳で胸を打つ」と長文の文を載せた。それが老化なのだろうか。その反対側に、バッティはこの時代の成功、私は徘徊する」とし「消えた命を武器に、盾で、素材で、つまみで、つまずきにしないで消えない画面たち。渓谷のマスターよりも騒々しい犬の声。ビッグなデータで売れているもの。口を閉じます。側売りだと知らなければならない。心を書いてください。」と書いています。 >俳優ユ・アインがイテウォン惨事に対する心境を伝えた。写真=チョン・ジョンファン記者

その心が今最も必要なところに届くことを願っています。ここで、努力して明らかにした心が最も必要なところに伝えられればいい。誰もいない部屋につけた光よりはそれがあまりにも安心して」と伝えた。ユ・アインの所属事務所側は「当時海外滞在中」だったことを強調した。 。輝きの激しいものを追いかけて足を無駄にし、汚いものを避けようと諦めたまま、びっくりして書くことにした。私の一歩を踏み出すのに一歩も離すのが難しい。

日常が流れる。年をとるにつれて、時間は少しずつ違うように流れます。涙はもっとこっそり流れる。歳月が流れて、変わったことがある。分が冷えた時は習慣のようにガウンデング指を広げたが、今はきつく参考握った拳で胸を打つ。厳しいものを打った手で私を打つ。かつてちょっと打った王年打霊の主人公として生きるのはそんなに悪くはない。その反対側に、バッティはこの時代の成功、私は徘徊する。その中で何度も何度も何度も負けてしまう。やがて背中の下にあったものがこれ以上見えず、コインを食べた自販機のように馬小屋で打って叩く。

そして現れるもの。あなたたちは幸せなのか、その中で最も古い一人の友人が尋ねた。蚊を追うように不規則な形で規則的な手のひらを打ち、十分に笑い、適度に良心的な音を吐き出し、私たちはクールでも熱くもない、飲んだビールよりもぬるましい時間を過ごした。

ごめんなさい。少し熱くなってもオグラードは私たち。お酒で体を暑くすれば、ちょっと耐えるだけじゃない。それにもかかわらず感電する感情、捕まえられないもの、逃してしまった心たち。ちょっと終わってしまいたいものも。それでもしっかり我慢する。 1つずつ1つずつそしてよりゆっくり。それでもしばしば使われる心。

「心はここに書かないでください。それは売れないから。売れてるから!肖像画集の中で肖像画を登る。誰が良かったのか分からない。誰が悪いのかは分からない。消えた命を武器に、盾として、素材で、つまみで、つまずきにしないで消えない画面たち。渓谷の所有者よりも騒々しい犬の声。ビッグなデータで売れているもの。目を覚ます。側売りだと知らなければならない。心を書いてください。もっと痛く、あまり痛い心を競う捨てられたもの。実は一通速の私たち。その心が今最も必要なところに届くことを願っています。ここで、努力して明らかにした心が最も必要なところに伝えられればいい。誰もいない部屋につけておいた光よりはそれがあまり安心していない。大好きです。そして大好きです。ちょっと私に必要なだけです。私が捨てて、私が持っていて、私が持っていなかったのはそれだけです。


山口 建次

映画鑑賞が趣味です。 また、世界の多様な文化に大きな関心を持っています。 毎日新しいニュースをお届けします。