type=w540″>

[OSEN=ジミンギョン記者]イ・テウォン惨事で公演界が再び凍り付いた。この観客を待っていたが、梨泰院で発生した悲劇的な惨事で再び止まるようになった。 5日まで国家哀悼期間が宣布され、放送、映画、歌謡界は各種行事と公演を取り消し、演技して追慕に参加した。意を表してキャンセル決定を下した。チャン・ユンジョンは「昨日から真珠に来て公演に対するすべての準備を終えたが、今回の惨事で国家哀悼期間が公表され、全国民が悲しみに陥った状況で公演を進行することが合わないと思った」とこの日予定された’2022チャン・ユンジョンライブコンサート「真珠公演2回目を全てキャンセルした。」追慕に参加するという意味を明らかにし、日本名古屋コンサートをわずか2時間残してキャンセルした。

/02/0004732129_002_20221102101503616.jpg?type=w540″>

当初ハロウィンコンセプトでファンミーティングを進行する計画だったTWICEも7周年ファンミーティングキャンセルのニュースを発表した。試してみたが、物理的に時間が足りない点など、様々な側面で最終キャンセルを決定することになった」と説明した。ペク・ジヨンは5日進行予定だったペク・ジヨンの全国ツアーコンサート「GO BAEK(告白)」清州公演を、夕日も同日予告された全州コンサートをキャンセルした。チャン・ミンホ単独コンサート「好時節:好時節」ソウル公演をキャンセルした。 、コヨテは5日、6日までの両日間開催される予定だった2022コヨタコンサートツアー’LET’s KOYOTE!’ソウル公演を開催する2023年1月7日(土曜日)と8日(日曜日)に演技することに決定した。/p>

このように歌謡界は公演とアルバム発売演技あるいはキャンセルで哀悼の意を表しているが一部では公演キャンセルだけが哀悼を表せるわけではないという意見も出ている。に「すべての公演を全てキャンセルしなければなりませんか。音楽だけの慰めと哀悼がありますか」と物足りなさを表わした。

/11/02/0004732129_003_20221102101503627.jpg?type=w540″>

歌手の考えの夏も先月31日SNSに”。館で芸術関連の行事だけを哀悼という名前で一括して閉じることを見て、与えられた連行をさらに予定通りにしなければならないという気がした」と明らかにした。公演しないだけでなく、公演するのも哀悼の方式かもしれない。することにしたレパートリーを再び考えてぶら下げてみる。何の話を観客にするかもう一度考えてみる」とし「それが私が選んだ方式だ。みんなが同意する必要はないが、むやみに判断しなかったらいいな」と付け加えた。チャン・ジェインもその文を共有し、支持の意を表したりもする。彼は哀悼の時間を通過しなければならないが、哀悼の方法は私たち一人一人違う。他のものは当然だ。 p>

[写真] OSEN DB、各所属事務所、SNS聞いて待っていましたが、梨泰院で発生した悲劇的な惨事でもう一度やめます

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!