ジェニーユンとヨンテヒが集まった。

有名ヴァイオリニストジェニーユンとソドバンドのギタリストヴァイオリンと他のセクションで参加した。ヨンテヒはJTBC「風流隊長」で優勝トロフィーを獲得した「朝鮮ポップ創始者」ソドバンドのメンバーとして活動中のギタリストだ。

/image/410/2022/11/02/0000904324_001_20221102140201547.jpg?type=w540″>ジェニー・ユンとヨンテヒが集まった。写真=モダンミュージックエンターテイメント

彼らが参加しているバンド二層バスは、100人の聴覚障害児に美しい音をプレゼントするために集まったプロジェクトバンドで、これまで13人の子供たちに人工ワウ手術費を支援してきた。二階バスはキム・ヒョンギュPDを主軸にヴァイオリン・ジェニユン、ボーカル・イ・ソンホ、鍵盤以上の人、ドラム・パク・ソンリョン、ベース・パク・ドンヒョク、ギター・ヨンテヒ、パーカッション・イ・ソウン、ディレクターのクォン・ソクホン、パク・ドンジュンで構成されている。愛が来たのならいい」という晩秋の季節が連想されるオーケストラ旋律と感性的なメロディーが魅力的な曲で、二階バスの2大ボーカルのイ・ソンホの暖かく柔らかな音色が加わり、完成度を高めた。愛を始めたばかりのフットフットでときめく感情を込めた「愛が来たのならいい」という去る2月発売した「愛が怠惰でいっぱい積もっていく時」以来、約8ヶ月ぶりに出てくる二層バスの12回目のシングルだ。今回のアルバムプロデュースは、BTOB、A Pink、Pentagon、(女)の子どもたちを新人開発し、人気グループ神話、ビッグママ、ザウォン、クールなどの曲を作曲したキム・ヒョンギュが引き受け、ミュージックビデオは前作に続いてクラッシュ、ママム、チョンソヨンなどのミュージックビデオを演出したバトスフィルムのイム・ソクジン監督がメガホンを握った。

バスは「手術を受けた子供たちが音楽を聴きながらピアノも学ぶ。そんな姿を見るたびに、心がより暖かくなり、もっと頑張らなければならないという気がする。が集まった。有名ヴァイオリニストジェニーユンとソドバンドのギタリストヨン・テヒは2日正午発売したプロジェクトバンド二層バスの新報「愛が来たらいいな」にそれぞれヴァイオリンとその他のセクションで参加した。ジェニーユン

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!