type=w540″>
梨泰院惨事で大韓民国が悲しみに陥った中、歌手たちも予定された公演を取り消して哀悼に参加している。これとは異なり、公演を開き、観客に音楽で慰めを伝える方式を選んだ歌手たちの歩みも注目されている。

イテウォン惨事発生翌日の先月30日、チャン・ユンジョン氏、ヨンタク氏、ホン・ジニョン氏はそれぞれ予定された地域公演舞台を当日キャンセルした。三人とも哀悼の意に参加するためだった。その中でチャン・ユンジョン氏は「私から真珠に来て公演に対するすべての準備を終えたが、今回の惨事で国家哀悼期間が公表されてきた国民が悲しみに陥った状況で公演を進めるのが正しい。ないと思った」と公演キャンセルの理由を明らかにした。

以後「ストリートマンファイター」ソウルコンサート、ペク・ジヨン清州コンサート、チャン・ミンホソウル公演、イ・ムンセ唐津公演などがすべてキャンセルまたは延期された。 8年ぶりに来韓を決めたポップの巨匠マイケル・ボルトンの国内公演も8日と9日開かれる予定だったが、日程を電撃延期した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!