[日刊スポーツチョン・ジニョン] =本人提供 2012年まで街の詩人として活発に活動していたノ・ヒョンテ。街の詩人の後、彼の近況が気になったら一言で要約することができる。 「本当に忙しい忙しい。」

社会人野球団であるジョマゾマ野球団活動をはじめ、大人や脆弱階層のための様々な才能寄付活動まで。ノ・ヒョンテの体は二つでも足りないほど。ノ・ヒョンテは最近日刊スポーツとインタビューを持って近況や活動計画などを公開した。

写真=本人提供過ごしたか。 「本業で歌手活動と後輩を養成することは続けており、楽しいことも本業のようにしている。社会不適応青少年野球団監督職を遂行しているが、選手出身ではないが、私が一番好きでよくできることでもあって子供たちに役立つと考えた。私も青少年期にさまよう。様々な経験をしながらダンスも知ることになったし、その後は歌手の夢を見て夢を叶えたが、その過程は順調だがではなかった。他の人と同じ青少年期を過ごさなくても、やりたいことをしながら幸せに暮らすことができることを示すことができそうだと思いました。その時の経験をもとにさまよう子供たちと共感しながら見守っている。そして、城北区のお年寄り福祉センターでお年寄りを対象としたシニア放送ダンス授業、オンライン三線喫茶店DJ、祝日行事など才能寄付活動をして、それなりに忙しく過ごしている。

-YouTubeチャンネルも運営していることがわかります。

「ヒョンテ日記とDJの舌は2つのチャンネルを運営しています。初めてチャンネルを作った時は多くのことを盛り込みたいという考えがあったが、まだ今やっている様々な奉仕活動に時間と努力を割愛することがより重要に感じられる。 YouTubeチャンネルの場合、私が過ごす時間(放送、奉仕活動など)を覚えておきたい気持ちで映像をアップロードしており、特別なテーマはありません。

-才能寄付はどのようにしているか。

「先に述べたように、さまざまな理由で制度圏から離れた青少年のための多元青少年野球団監督職として奉仕している。時には青少年たちの大まかな行動が社会から温かい視線を受けてしまう。しかし、彷徨う青少年が無条件に危険集団に分類されたり、烙印をつけられてはならないと考える。子供たちの傷を多読し、その子供たちが正しい成人に成長するために多元文化福祉財団で多元青少年野球団を創立した。子供たちは野球団活動をしながら健康にコミュニケーションをとり、才能と楽しさを探し、自分たちの夢を訪ねている。野球は個人の能力も重要だが、チームの勝利という共同の目標を追求しなければならないスポーツだ。そのため子供たちは野球をしながらこだわる代わりに、互いに信じて頼る方法を学んでいる。そして私のような大人たちと共に、簡単にあきらめずに自分をもう少し愛する方法を探しています。野球活動を通じて青少年たちが何をしたいのか夢を訪ねるのを助けたい。このような活動のおかげで、2015年ソウル社会福祉大会でソウル特別試写会福祉協議会長賞を受け、それをきっかけに社会福祉士資格証も取得した。

ノヒョンテ講義シーン。写真=チャンウィシルバー福祉センター提供-シニア放送ダンスプログラム講師としても活動している。どんな講義なのか説明してほしい。 「街の詩人たちの活動前キム・ウォンジュン、オム・ジョンファ、ジェックスキス、バック、ビビ、ハイジなど歌手たちの振付家として活動した。その時の経験で今は大人たちの身体機能向上と社会的交流強化のためにシニア放送ダンス公演チーム講義を進めている。大人たちを扱う時は、数年前に亡くなった両親が思い浮かぶ。お小遣いを差し上げるのが孝道の全部のように思ったが、帰ってくると両親の生前に楽しくしてくれなかったのが一番気になった。時には大変な時もあるけど。センターの大人たちと放送ダンスをしながら、大人たちが楽しく幸せになっているのを見ればやりがいがある。お年寄りを楽しませてくれて、またまた楽しむために様々な方法を工夫している。

-講師活動はどのようなきっかけで始まるようになったか。

“社団法人多元文化福祉財団初創期から情報席兄様とともに多元青少年野球団を率いている。情報席兄さんは現在、サムソンシルバー福祉センター、チャンウィシルバー福祉センター、チャンウィデイケアセンターを運営する多元文化福祉財団の名誉理事長である。それで、情報席の兄の勧誘で、お年寄りのためのシルバードル放送ダンス講師をすることになった。私の口で話すことはヨトスラプだが地域のお年寄りにそれなり人気の講師であり、お年寄りのBTS(防弾少年団)と呼ばれている。 (笑い)で走っているジョマゾマヤ球団。写真=ジョマゾマ野球団公式インスタグラムキャプチャ-ジョマゾマ野球団活動もしているのではないか。

“ジョマジョマ芸能人野球団で10年以上先発アンダースで投手兼打者として活動している。野球をあまりに好きで頑張ってみるとMVPを受けたりもする。 (笑)最近はMKスポーズ船芸能人野球大会に出場した。

-野球団についてよく知らない人のためにもっと詳しく説明してほしい。

“ジョマジョマ芸能人野球団は社会人野球団だ。芸能人が最も多い野球団であり、話題性と成績の両方を兼ね備えていると自負する。俳優情報席兄さんが団長を務めており、ノ・ヒョンテ、シム・ヒョンソプ、ユ・テウン、ソン・デヒョン、カン・ソンジン、ソ・ジソク、イム・テギョン、チャン・ジンなどが所属し、楽しく愉快に活動している。

写真=本人提供-コロナ19野球や講義活動にも変化があったようだが。 「その間、野球団の活動はほとんどできませんでした。代わりに、コロナ19によって高齢者福祉施設が長期間運営中断されたため、家だけにおられて大変なお年寄りのために申請曲と話し合いを受けて運営するオンライン三線喫茶店DJで奉仕活動を始めた。普段私の姿通りにすれば面白さがないようで、昔の制服やドリル服などの衣装を着て「知っている」のチェ・ヤンラク先生のヘアスタイルを模倣した短髪のかつらを使ってお年寄りに思い出と楽しみをプレゼントしています。サムソン茶房撮影はリハーサルがない。あるまま楽しさをあげるためだ。たまにポップソングを申し込んでいる大人たちがいらっしゃるのに、歌詞を知らずにオルバムリミョボディで泣くのを見てとても面白かった。私が壊れたとしても、大人が楽しんでくれればそれで満足しています。一日中ヒコロナ19が消え、三線茶房が映像ではなく現実の中の空間になることを願う。 2012年まで街の詩人として活発に活動していたノ・ヒョンテ。街の詩人の後、彼の近況が気になったら一言で要約することができる。 「本当に忙しい忙しい」

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!