戦争中のウクライナのロックバンド・オーケアン・エルジのシンガーソングライタースバットスラフ・バカルチュクが自国の兵士たちと国民を慰めるために歌を歌っている。写真出典=ニュース映像画面キャプチャ<イ>>梨泰院惨事の衝撃と悲しみをかけて割る前に、大衆音楽界はまた別の大変な状況に直面しなければならなかった。まさにアルバム発売の演技及び行事/公演の相次いでキャンセルだ。振り返ってみるといつもそうだった。人材でも天災でも災難が起きれば、生業の放棄、存在の萎縮は常に文化芸術人たちの役割であったこと。特に大衆音楽家たちにその圧迫はより徹底した。今はそんな時ではない、一度止めて、後でやれこの社会は、プロミュージシャンの生計型公演とアルバム発表をキャンセルまたは延期させることを、まるで災害時のマニュアルのように機能させた。一般会社員の出勤を防ぐか、自営業者の営業を禁止させ、工場の稼働を止めることなく、有毒大衆音楽者たちの「生業」には制動からかけてみたのだ。なぜそうなのか。今はそうすることが社会情緒に合うようになり、またそれが犠牲者哀悼の次元で道理であると思った措置だっただろう。問題は、その措置を通知された人々の自発性の有無である。例えばアーティストが今回の仕事に大きな悲しみを感じ、自ら公演日程を取り消してアルバム発売を延期するのは問題にならない。それはその人の自由だからだ。しかし、各自の方式(アルバム発売や公演など)で犠牲者を哀悼しようとする意志を社会または国レベルで統制および気づかせるのは、自由民主主義体制に従うところでは再び考えなければならないことだ。何よりもこれらにはそのことが食べて生きる問題と直結する生業だからもっとそうだ。個人の感情を集団が統制し、その感情を特定の方向に強制する雰囲気が社会普遍的な雰囲気になったときにどんなことが起きるのか、私たちは歴史を通して十分に学習したこと。今ミュージシャンたちはただ自分の仕事(音楽)で激しくなった感情をチュスルしたいと思うに従う。つまり、のんびりして売り手の良い人たちが気分転換用に楽しんだり、苦しい日常のストレスを解くために興清望庁の笑いや騒ぎに背景に使われる芸術的記載ほど、人々は音楽を理解するのだ。そのため厳粛に哀悼しなければならない状況で、そのような音楽的行為は禁忌の領域として自然に後戦に押される。そうだね音楽はそんな時も使われる。一杯のコーヒーを鑑賞し、心の平和を探し、カラオケで叫んで心配も飛ぶ。しかし、それは娯楽と女興という音楽が持つ極めて一面に過ぎない。実際、音楽はそれよりも多様な顔で私たちの日常、ひいては人生のためだ。例えば、今回コンサートをキャンセルしたチャン・ユンジョンは「お母さん」の代わりに「風の道」を、同様に公演を放棄した霊卓は「マッコリ一杯」ではなく「月になって」を歌い、予定通り観客と静かに哀悼の時間を持つこともできるあっただろうという話だ。音楽はそんなに刀で無謀に分けて断定紙を持つことができる黒と白ではない。

jpg?type=w540″>

それでもそうではないという言葉がどこかで聞こえるようだ。ではこれはどうだろうか。まだ音楽を流興と余暇の材料としてだけ認識する人々に尋ねる。ロシアと戦争中のウクライナのロックバンド・オーケン・エルジー(Okean Elzy)のシンガー・ソングライター・スピュントスラフ・バカルチュクが自国の兵士たちと病院患者のために歌を歌ったのにも、あなたたちは同じチャットを掴むテンガ。また4年前、イギリスマンチェスターで開かれたアリアナグランデコンサート現場でイギリス爆弾テロ1周期(2017年5月22日、英国マンチェスタースタジアムでアリアナグランデ3集ツアー公演が終わった後、チケット売り場近くで爆弾が爆発した事件)を迎えた。この22人の犠牲者を追悼してオアシスの「Don’t Look Back In Anger」を合唱したことはどうか。さらに、その日アルバート広場では警察と市民たちが肩を舞い、ビートルズの「All You Need Is Love」を喉が張って呼んだ。果たして、これらの人々が楽しくてそうしたのだろうか。我々は大衆音楽が無作楽を楽しむだけのものだという偏見とともに、哀悼と追悼を無条件に静かに、息を絶らなければならないという強迫からも抜け出す必要がある。哀悼の気持ちは一つだが、その方式は開かなければならないということだ。当然彼らも他人のように生業に従事し、災害の犠牲者を哀悼する権利がある。そして音楽は無条件に笑いながら騒ぐ芸術でもない。それなりの格がありスタイルがあり、自らがいつどのように登場して鳴らすべきか他のどの芸術ジャンルよりも雰囲気把握もすることができる芸術だ。こんなことがあった。グループルーラ時代盗作疑惑と事業失敗で10年間スランプを経験したイ・サンミンはかつて自ら「私は人ではなかったな」と思ったという。心理的苦痛に生きていくのさえさえ折れた時頃に彼を起こして立ててくれたのは他ではないルシドポールの「人だったね」という歌だった。音楽はそういうものだ。誰かが悲しくて大変なときに気づかずに興にだけ苦しくしないでその悲しみと苦痛を躊躇してくれる。実際の音楽はそんな時、最大の力を発揮してきた。飢えに恐ろしいアフリカを助けようと企画したアルバム「We Are The World」も、難病に対する人類の警戒心を持たせるために用意したフレディ・マーキュリー追悼コンサートも、2011年3月11日に発生した慰めるために作った企画アルバム「Songs For Japan」も同様に音楽の意味と価値を見せてくれた大切な事例だ。是非今回のことをきっかけに、より常識的で硬い社会安全網の構築(構築)はもちろん、音楽に対する大衆の誤解と偏見の構築(驅逐)も一緒に行われるように注意してください。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!