w540″>エンハイフン/写真提供=ビリーフラップ 2022.09.18/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]それなり大丈夫だが、決定的な部屋が足りない。

‘第4世代アイドル’代表ランナーエンハイフン(庭園喜勝ジェイ・ジェイクソンフンソンウニキ)はMnetアイドルサバイバルプログラム’I-LAND'(アイランド)を通じて結成された7人組ボーイグループだ。 「アイランド」は1%台以下視聴率で凄惨だったが、エンハイフンは「グローバルアイドル」防弾少年団を排出したバン・シヒョク・ハイブ議長がプロデュースに参加し、デビュー前から大きな期待を呼んだ。

期待はすでにいくつかの数値で示されています。 2020年11月30日、ミニ1集「BORDER: DAY ONE」(ボーダー:デイワン)を発売してデビューしたエンハイフンは28万枚以上の初動(発売日基準1週間)販売量を記録した。これは歴代男子アイドルデビューアルバム初動販売量3位に該当する。去る7月発売したミニ3集「MANIFESTO: DAY 1」(マニフェスト:デイ1)は初動集計の2日ぶりに100万枚以上の販売量を上げて自ら最高記録を更新した。これはKポップアイドル歴代最小年次初動ミリオンセラー記録だ。レコード販売量はファンダムサイズを計る尺度の一つとされている。それだけエンハイプンがしっかりしたファン層を固めているという意味だ。デビュー翌年、各種授賞式の新人賞までさらされ、次世代Kポップ代表ランナーであることを刻印させた。

しかし、人気を確保するためにはまだ行く道が遠い。大衆音楽市場の生態系変化により音楽消費の中心はデジタル音源市場に移ってきたが、主要音源チャートで成績がかなり低調である。国内主要音源サイトメロンとジニー日刊(10月30日基準)、週間(10月第4週基準)、月刊(9月)チャートトップ100でエンハイフンの名前はなかなか探しにくい。これは「ミリオンセラー」に輝くミニ3集「MANIFESTO:DAY 1」が発売された7月の月刊メロン、ジニートップ100でも例外ではない。いわゆるタイトルだけ聞いても分かる代表ヒット曲がないわけだ。もう一つの第4世代代表ランナーアイブ、ニュージンスなどが主要音源チャートトップ10を掌握しているのと対照的だ。特にアイブは今年「LOVE DIVE」(ラブダイブ)、「After LIKE」(アフターライク)を相次いでヒットさせ、大勢のガールグループとして位置づけた。 「After LIKE」はメロン9月チャート1位、「LOVE DIVE」メロン6月月間チャート1位を占めた。ニュージンスも「Attention」(アテンション)でメロン8月の月間チャートトップに上がった。音源チャート席巻は大衆的人気につながった。

エンハイプも一段階成長するためにはこれらのように制限されたファンダムから抜け出して大衆性を備えなければならないという指摘が出ている。 H.O.T、東方神起、ビッグバン、EXO、防弾少年団など各世代を代表するボーイズグループももちろん、しっかりしたファンダムを基盤に成長したが、歌謡界を強打したメガヒット曲を保有したという点でエンハイプンとはかなりの差がある。音源チャートで免れているエンハイフンの現住所は、アイブ、ニュージンスと肩を並べるのにも恥ずかしいのが現実だ。’半分’第4世代代表ランナーという汚名を避けるためにはファンダム市場に限られた限界を克服して大衆性をもう少し悩む必要があるようだ。

ユン・ソンヨル記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!